RSSリーダーを試してみた

はてなダイアリーがRSSの配布を開始している。

RSSは、XMLフォーマットによりウェブサイトの概要を簡潔に表現するためのフォーマットであり、昨今様々なウェブサイト、アプリケーションで利用が広がっています。
ウェブロでは「Syndicate this site (XML) 」などと書かれているのがRSSへのリンクだ。このRSSを読み取り、いろいろなサイトの更新情報や見出しを取得するのがRSSリーダーである。色々便利そうなのでいくつか試してみた。ただしWindows版でフリーのものだけ。

2003年10月14日10:50| 記事内容分類:ウェブツール| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(0)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

 いずれも英語版だが、日本語化もかなりできる。

Feedreader
 日本語化はdh's memoranda December 03, 2002を参照。ただし、ここで配布されているtranslation.xmlは、My Document/Feedreader ではなく、Apprication Data/Feedreader に設置(自分の環境では)。
 基本的には使えるが、各記事の「Feed」と「Title」が文字化けするのと、タイトルがアルファベットで始まっている記事では概要が文字化けしてしまうのが難点なのでアンインストールした。
 もっとも、定期的に巡回して、新しい記事があるとデスクトップの隅に小窓が開くのは、人によっては便利かも。

SharpReader
 日本語化はされていないが、コマンドも少ないので特に必要なし。普通に使って日本語の文字化けがないのが素晴らしい。登録サイトをツリー表示できるのもよし。
 特に欠点の見当たらないRSSリーダー。

FeedDemon
 現在ベータ版だが、これを使うことに決めた。
 日本語化は「FeedDemonの日本語化」を参照。かなり高機能。実際の記事を表示するときにタブブラウザになっているのも素晴らしい(これでマウスジェスチャー対応なら文句なし)。
 また「このニュース項目をblog」というコマンドもあって、選んだ記事のリンクを作りやすくなっている。

 とりあえず3つ比べた中では、SharpReaderかFeedDemonをお好みに合わせて、という感じです。
 なお、国産RSSリーダー『NewsGlue』はシェアウェアなので試していない。「はてなアンテナ対応」だけはちょっと気になるが。というのは、RSSを発行していないサイトはRSSリーダーでは捕捉できないが、はてなアンテナに登録しておいて、それをリーダーで読めるなら、かなり多くのサイトの更新状況が一括管理できるからである。

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2003年10月14日10:50| 記事内容分類:ウェブツール| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(0)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(0)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/44

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2003年10月14日 10:50に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、ウェブツールをご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「女子十二楽坊、紅白出演?」です。

次のブログ記事は「物語理論とウェブログ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。