逆転の発想!台湾の「200万画素以下の画像はアップできない」容量無限フォトアルバム

 はてなフォトライフなど、いわゆるフォトアルバム/オンラインアルバム/ネットアルバムといったサービスがある。ただ、日本のサービスの場合、無料なら数MB~数十MBくらいの制限があるものが多い。はてな有料版で最大1GBだ。

 ところが、台湾では最近、無料フォトアルバムサービスの容量競争があったらしい。その中で最も恐ろしいサイトが、「ABSee 數位影像之家」だ。

absee.gif

永久完全無料、デフォルトで1GB、会員を誘えばどんどん容量追加……それだけでなく、なんと「200万画素以上」の大きな画像でなければアップできないというのだ。小さい画像は不可。普通、逆だろ?

 実は、これは逆転の発想によるものであった。

2005年4月29日02:32| 記事内容分類:ウェブツール, 中国ネット事情| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(1) | トラックバック(4)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

 これを教えてくれたのは台湾のbutさん。

 とりあえず、このサイトに書いてあることを訳してみよう。

1Gで足りない? 無限に拡張しよう!

 あなたの写真は1Gでは置ききれない? 問題ない! 一人友達をABSeeの会員に誘えば(そして認証に成功すれば)ABSeeは100MBのスペースを贈呈する! つまり、20人の会員を誘えば、アルバム容量は3GBになるんだ! これ、いいでしょ!

G年の最もクールなこと

(※G年=鶏年=酉年。鶏はジーと発音)

 G年の最もクールなことは何か? もちろん、ABSee無料の超大容量1Gネットワークアルバムだ! ABSeeの1Gネットワークアルバムは、スピードが速いだけでなく、写真サイズも大きく、期限制限もなく、その上機能は相当にそろっている! サムネール表示、スライドショー、電子写真祝賀カード、写真分類検索、親友リストのカスタマイズなどなどすべてABSeeのお得意芸だ! 1Gってどのくらい大きい? 1000MBだ! すぐに友達を紹介して会員にしよう! 推薦者は相当いいことがあるよ~

写真が200万ピクセルにならない?

 多くの会員からのメールで訪ねられたが、システムでは200万ピクセル以上の写真だけ受け入れる。しかし200万はどのように計算するのか? 簡単に言えば、写真の縦横の長さである。たとえば写真のサイズが2500×1200であれば3000000ピクセル、つまり300万ピクセルだ! しかし、カメラが高級であっても200万画素に至らないサイズで撮影するならば、低画質ということになってしまう~。カメラの設定を調整して、少なくとも1600×1200ピクセル以上にしよう~

 かなりぶっ飛んだサイトである。友人同士でデジカメ写真を見せ合いしたり、電子カードにしてしまったりなど、機能も優れている。アップロードが遅い場合のために専用ソフトも用意されているらしい。

 ここで疑問になるのが、なぜ「200万画素以上」でなければならないか、ということだ。これもきちんと説明されている。読んでみれば、なるほど逆転の発想といえそうだ。

なぜシステムは200万画素以上の写真のみを受け入れるか?

 第一に管理のことを考えている。ABSeeサイトはデジタルカメラ族たちの専門ウェブサイトにするため、転載画像やエロ画像を歓迎しない。画像転載の多くは著作権法にも違反しているし、エロ画像は風紀を乱してしまう……。

 転載画像やエロ画像には共通する特徴がある。たいてい多くても130万画素ぐらいだということだ。だから、200万画素に達しない画像をアップロードできなくしてある。これでエロ画像とか画像転載を防ぐことができるし、我々の管理コストを下げることができる。

 第二に専門性のことを考えている。ABSeeが提供するスペースはかなり大きいので、ユーザーはピクセル数のかなり高い画像をアップロードしておけば、将来のシステムの発展性が非常に高くなる。例えば、現在の画像表示の最大サイズは横565ピクセルとなっているが、将来、いつでも1280ピクセルまで上げることができる。また、撮影者は写真の細部まで比較することができるし、ユーザーにはすぐれた写真を提供できる。場合によってはオンラインのプロ写真家が写真を売り出すこともできるだろう。

 考えてみてほしい。もしシステムがユーザーに低画素数の画像だけアップロードさせていたら、こんな将来性があるだろうか?

 画素数の多い画像のみOKとすることで、他サイトからの安直な画像の転載や、エロ画像の氾濫を防ごうというわけだ。さらに、将来の拡張性も高いというわけである。なかなか面白い発想だといえよう。

 このサイトは永久無料を宣言している。ディスク容量は何とかなるとしても、データ送信の帯域幅を確保し、サービスを維持するにはかなりコストがかかるだろう。そのあたりどのように運用するのかはよくわからない。何しろ、今年の2/9に開設されたばかりの新しいサービスである。永久無料だがすぐ閉鎖、の可能性だってありえるわけだ。

 なお、このサービスに登録するときには、10桁の電話番号と3桁の郵便番号、ならびに携帯電話ショートメールによる本人確認が必要となる。つまり、日本在住の人は登録できないので念のため(自分で登録してみようとして失敗したのは内緒だ!)。

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2005年4月29日02:32| 記事内容分類:ウェブツール, 中国ネット事情| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(1) | トラックバック(4)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(4)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/396

勝手にリンクに登録させていただいている「絵文禄ことのは」さんで こんな記事を見かけた。 逆転の発想!台湾の「200万画素以下の画像はアップできない」容量無限フォトアルバム [... 続きを読む

画素数の多い画像のみOKとすることで、他サイトからの安直な画像の転載や、エロ画像の氾濫を防ごうというわけだ。さらに、将来の拡張性も高いというわけである。なかなか面白い発殮. 続きを読む

なんと,"「200万画素以下の画像はアップできない」容量無限フォトアルバム"というものが存在するらしい. 記事を読んだところ,どうやら「200万画素以下の画像はエッチな画像... 続きを読む

=== 雑記5月5日(木) エロ画像防止対策 === '''「絵文録ことのは」'''さん[http://kotonoha.main.jp/ (※)]の4月29日の記事が面白い。 == 逆転の発想!台湾の「200万画素以下の... 続きを読む

コメント(1)

初めて書き込みします。
さすが、専門家のページは違いますねえ。
また、立ち寄らせて頂きます。

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2005年4月29日 02:32に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、ウェブツール中国ネット事情をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「天空から舞い降りる透き通った響き。森岡万貴ライブレポート」です。

次のブログ記事は「速報■台湾版ふたばちゃんねる、幼女エロ画像転載で閉鎖」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。