北沢八幡宮の例大祭(写真紀行)

2008年9月7日、メールマガジン「「場所の記憶」「都市の歴史」で社会を読み解く――松永英明のゲニウス・ロキ探索」のための写真撮影をしようと下北沢に行ったところ、ちょうど北沢八幡宮の年に一度の例大祭の本祭で、通りに御神輿が並んでいたので、そのまま八幡宮まで行ってみることにした。

今回はその写真を中心に紹介する。

2008年9月 8日00:13| 記事内容分類:地理・地誌, 宗教・神話学| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(0) タグ:[お祭り]|
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

むかしの下北沢村の中心ともいえる八幡宮。今まで行ったことがなかった。

ちょうどメールマガジン「「場所の記憶」「都市の歴史」で社会を読み解く――松永英明のゲニウス・ロキ探索」で下北沢の庚申堂を取り上げようと思い、その撮影に行こうと思って下北沢の街に来たのだった。この庚申堂は、今上映中の映画「デトロイト・メタル・シティ」で、主人公がストリート演奏している場面のロケで使われている。

庚申堂の話が読みたい方は、ぜひメールマガジンにご登録ください。購読申し込みはこちら→まぐまぐプレミアム(最初の1か月は無料でお試し購読ができます)

ちょうどこの庚申堂まで来たとき、御神輿がずらりと並んで待機していた。

庚申堂を撮影し、食事を終えた後、せっかくなので八幡宮まで行ってみることにした。

八幡宮に近づいたところで御神輿に追いついた。

淡島の灸の森巌寺。→グーグル・ストリートビューで見る

結城秀康の位牌所として1608年に建立されたというから、今年でちょうど400周年である。お灸と針供養で有名。今日は閉まっていたので中には入らない。

森巌寺の門前。「淡島大明神」と「針塚建立地」の文字が見える。神仏習合の名残である。

森巌寺のすぐそばに北沢八幡宮がある。昔は北沢八幡宮の別当が森巌寺だったらしい。鳥居の方に向かおうと思ったら人混みが激しかったので、脇道から本殿の方に直行した。

本殿の方から、やってきた御神輿を見下ろす。どうやら町会ごとに「睦」があるようだ。ちょうど「代五睦」(代沢五丁目)がやってきた。→「北澤八幡神社の秋祭り~お神輿地図と9つの睦会」

すでに到着していた神輿は待機。

熱気あふれる御神輿。

今度は「宮本睦」の神輿がやってきた。これは神社のすぐ近くの睦らしい。

ここで神社の正面、鳥居の方に降りていった。→グーグル・ストリートビューで見る

下から見上げる神輿。

きりりとした表情の女の子たちも神輿をかつぐ。

子供たちも担ぐ。

神楽殿でお偉いさんたちのあいさつ。

子供たちと陽気なオヤジたち。

神社には多くの露店が出ていた。wikipediaによると「1993年に暴力団系の出店排除を実施」したというが、ボーイスカウト・ガールスカウトや福祉団体の露店も目につく。子供たちが売り子をしている店も多い。全体的に値段も安く、お祭りの雰囲気を純粋に楽しむことができた。

本当は夜までお祭りは続くのだが、そろそろ帰ることにする。

太鼓を引いて茶沢通りを進む「南部睦」の一行についていった。

みんな楽しげに担いでいる。

というわけでお祭り参加はおしまい。下北沢最大のお祭りに出くわしてラッキーだった。

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2008年9月 8日00:13| 記事内容分類:地理・地誌, 宗教・神話学| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(0) タグ:[お祭り]|
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(0)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/618

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2008年9月 8日 00:13に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、地理・地誌宗教・神話学をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「【「場所の記憶」「都市の歴史」で社会を読み解く――松永英明のゲニウス・ロキ探索】メルマガ創刊!」です。

次のブログ記事は「「パナソニック(Panasonic)」というブランド名の語源由来」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。