《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.004:麻生一族と福岡県飯塚

twitterでこの記事をつぶやく

……自民党総裁選に立候補した五氏(届け出順に、石原伸晃、小池百合子、麻生太郎、石破茂、与謝野馨の各氏)の中で、本誌のテーマ的にも最も興味深いのが麻生氏。というのも、麻生一族は福岡県飯塚市の飯塚炭坑と深いつながりがあり、明治維新後の飯塚の歴史と切っても切れない関係があるからです。……

  • 麻生一族の歴史
  • 麻生賀郎、麻生太吉
  • 麻生太賀吉、麻生太郎
  • 筑豊地域に根ざした財閥

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/714

コメントする

この号について

このページは、2008年9月22日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.003:ロシア人力士大麻疑惑とオセチア、當麻、麻植、麻生」です。

次の号は「No.005:最高裁、「住所は公園」認めず――住民登録と「定住民」の論理」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。