《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.007:下北沢の庚申塔(2)境界に立つ塞の神

twitterでこの記事をつぶやく

今回は、2008年09月08日配信「No.002:下北沢の庚申塔(1)デトロイト・メタル・シティ」の続編となります。前回は、下北沢の商店街の中で、三叉路に立つ庚申堂について、写真を含めて紹介しました。さらに、庚申信仰についての概略も述べました。

庚申信仰に基づいて下北沢の庚申堂が作られたことは間違いありませんが、それではなぜ「この場所」に作られたのでしょうか。……

  • 庚申塔の場所
  • 境界の神=「塞の神」
  • 性の神としての塞の神
  • 塞の神と道祖神と庚申
  • 神社と縁の少ない「下北沢」の街

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/717

コメントする

この号について

このページは、2008年10月20日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.006:パナソニック改名と「松下町」――企業名を冠する地名」です。

次の号は「No.008:「春の小川」を代々木の水源から渋谷センター街まで歩く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。