《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.010:オバマ大統領とスーダン、ケニア、ハワイ、インドネシア、シカゴ

twitterでこの記事をつぶやく

……オバマ大統領は純粋な黒人ではありません。父親はケニア出身の黒人ですが、母親は白人(インディアンの血も引く)です。そして、ハワイで生まれたオバマは、両親の離婚と母親の再婚にともなってインドネシアに住みます。その後、一時期ハワイに戻りますが、最終的にはシカゴを本拠地とします。……この経歴を見ると、まさに多民族国家としてのアメリカを象徴しているように思われます。現在のジョージ・W・ブッシュ大統領が典型的な白人のアメリカを象徴していたのとは極めて対照的です。……

  • オバマ大統領は「黒人」というより「多民族国家アメリカ」の象徴
  • 父:バラック・フセイン・オバマ・シニア
  • 母:スタンレー・アン・ダナム
  • バラック・フセイン・オバマ・ジュニア
  • 「民族のるつぼ」シカゴ

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/720

コメントする

この号について

このページは、2008年11月10日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.009:平成の大合併、定住自立圏構想、ファスト風土化」です。

次の号は「No.011:ストリートミュージシャンの広がり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。