《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.013:ムンバイ=ボンベイ、チェンナイ=マドラス、コルカタ=カルカッタ

twitterでこの記事をつぶやく

……1995年にボンベイがムンバイになったのは、インドにおけるナショナリズムの高まりが影響しています。すなわち、イギリスによる植民支配の名残としての英語(または西洋語)地名がその槍玉に挙がったということです。

  • ムンバイはボンベイだった
  • マドラスからチェンナイへ
  • カルカッタからコルカタへ
  • バンガロールからベンガルールへ
  • 地名に込める思い

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/723

コメントする

この号について

このページは、2008年12月 1日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.012:「観光庁」設立と「観光」の歴史」です。

次の号は「No.014:対馬と倭寇とマージナルマン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。