《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.014:対馬と倭寇とマージナルマン

twitterでこの記事をつぶやく

……いうなれば、日本・朝鮮・明の三国の境界線上に、そのどれでもない(あるいはそのすべての要素を含む)人たちが存在していたのです。……辺境の地にマージナルな場所が生まれ、マージナルな人々が住まう。それは、ある意味では自然なことなのですが、しかし、国境を明確化して管理を徹底したい「国家」にとっては、厄介な存在といえるでしょう。……

  • 「対馬=韓国領」という妄言はどこから生まれたか
  • 中世の「倭人」というマージナルな存在
  • 古代の「倭人」と日本人の関係

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/724

コメントする

この号について

このページは、2008年12月 8日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.013:ムンバイ=ボンベイ、チェンナイ=マドラス、コルカタ=カルカッタ」です。

次の号は「No.015:江戸東京と平将門伝説(加門七海説を検証する)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。