《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.018:直江兼続の「愛」と愛宕権現

twitterでこの記事をつぶやく

NHKの大河ドラマ「天地人」が始まりました。その主人公は、戦国時代の武将、直江兼続です。……

……「愛宕権現」ですが、火の神様である一方、「勝軍地蔵」とも同一視されるため、まさに軍神そのものといえます。直江兼続の兜の「愛」は、愛宕権現で間違いないと思います。……直江兼続の「愛」=「愛宕権現」とは、まさに武運を願うものであって、「人民を愛した」などという意味づけは後世の後付のものにすぎないことがよくおわかりいただけると思います。

  • 直江兼続の兜
  • 愛染明王か愛宕権現か
  • 愛宕権現
  • 愛宕山と明智光秀
  • 江戸の愛宕神社
  • 不運の軍艦「愛宕」

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/728

コメントする

この号について

このページは、2009年1月12日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.017:日本全国首都化計画」です。

次の号は「No.019:「日本」と「日本人」の成立を考えるための基本」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。