《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.022:建国記念日(紀元節)と古代「大和」

twitterでこの記事をつぶやく

……おそらく、九州から大和への移民は、アメリカのフロンティア政策のように続々と行なわれたのではないかと思われます。その中で、先に大和に至っていたニギハヤヒ開拓団と先住民ナガスネヒコの混血的融和があり、それに対してかなり強圧的に土地を奪っていった神武軍団という図が想起されます。(わたしは日本の黎明期とアメリカへの白人の到来が、ある程度重なって見えるように思っています。)……

  • 建国記念日と日本書紀
  • 日本書紀・古事記の立場
  • 神武東遷
  • 二人の「ハツクニシラススメラミコト」

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/732

コメントする

この号について

このページは、2009年2月 9日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.021:楳図かずお邸景観訴訟とエクステリア」です。

次の号は「No.023:奈良と京都と「歴史感覚」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。