《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.023:奈良と京都と「歴史感覚」

twitterでこの記事をつぶやく

……2月3日の節分に恵方巻を食べる風習は、関西が発祥の地だとされています。奈良県生まれのわたしも、小さいときから「その年の恵方」とされる方角を向いて、太巻きのすしを途中で切れないように黙って食べるというのが、「豆まき」と並んで欠かさない行事となっていました。……

  • 恵方巻の歴史から
  • 歴史の古さ
  • 生まれ育った場所の歴史と歴史感覚
  • 京都と奈良の違い

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/733

コメントする

この号について

このページは、2009年2月16日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.022:建国記念日(紀元節)と古代「大和」」です。

次の号は「No.024:一つではない「関西」――三都(大阪・京都・神戸)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。