《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.025:代官山の範囲はどこからどこまで?地図&ウォーク(1)

twitterでこの記事をつぶやく

「代官山」の範囲ってどこからどこまで?地図で示す「街の範囲」[絵文録ことのは]2009/02/27

……ある「街」の範囲がどこからどこまでなのか。何となくイメージはあっても、なかなか明示化することは難しいものです。それを明示化するということで、今回はGoogleマップ(=ゼンリン住宅地図)に記された「代官山という名称を含む物件」をマッピングしてみたわけです。

これは予想以上に成功したと思います。代官山中心部は密度が高く、そこから離れるにつれて密度が低くなることも示せたように思われます。もちろん、それは「代官山」という場所だから成功したという要素もあるでしょう。

さて、このマップを作って満足しているわけにはいきません。そう、このメルマガをお読みの皆さんならおわかりでしょうが、実際に街を歩いてみることでまた新たな発見もあるはずです。……

代官山の範囲

  • 代官山の範囲を地図で明示化してみる
  • というわけで実際に歩いてみました。

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/735

コメントする

この号について

このページは、2009年3月 2日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.024:一つではない「関西」――三都(大阪・京都・神戸)」です。

次の号は「No.026:定額給付金と住民票――ホームレス、ネット難民、DV被害者」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。