《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.032:「点」としての出島、長崎中華街

twitterでこの記事をつぶやく

……江戸時代に日本は決して閉ざされていたわけではありませんでした。オランダを通じてヨーロッパの情勢も詳細に理解していましたし、蘭学も禁じられてはいませんでした。ただ、その外交・通商を幕府と辺境の大名が独占していたということです。

幕府がヨーロッパに向けて開いた小さな窓口、それが出島でした。

(もう一つ指摘できるのは、琉球もアイヌも当時は外国であったということです。国境というものが明確に意識されるようになるのは、ヨーロッパの帝国主義、近代的な定義による「国家」というものが生まれてからのことであり、日本では明治維新政府以降ということになります。)……

出島

  • 「鎖国」のまぼろし
  • 「点」としての出島
  • 唐人屋敷
  • 開国とその後の長崎
  • そして幕末・維新と「軍艦島」

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/742

コメントする

この号について

このページは、2009年4月27日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.031:県名と県庁所在地名が同じ県・違う県「賞罰的県名」」です。

次の号は「No.033:最後の同潤会アパート三ノ輪&上野下」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。