《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.043:ル・コルビュジエの呪縛、国立西洋美術館

twitterでこの記事をつぶやく

16日に上野の国立西洋美術館に行ってきました。「開館50周年記念 ル・コルビュジエと国立西洋美術館」展が目的です。

現代の建築や都市計画に大きな影響を与えている巨人ル・コルビュジエ。その巨匠が日本に残した唯一の建築が、この国立西洋美術館なのです。そして、その弟子ともいえる三人の建築家、坂倉準三・前川國男、吉阪隆正が設計を補助して完成させました。

この西洋美術館は、ル・コルビュジエの「無限成長美術館」構想で実現された世界の3つの美術館の1つでもあります。

世界遺産の声も上がっているこの国立西洋美術館そのものについての展覧会ということで、これは見逃すわけにいかないと考えました。……

国立西洋美術館

  • 国立西洋美術館
  • 常設展示

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/793

コメントする

この号について

このページは、2009年7月20日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.042:お台場ガンダムと「台場」国防」です。

次の号は「No.044:川村かおり追悼――Gypsy Blood、僕たちの国境」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。