《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.046:佐用川と松浦佐用姫伝説

twitterでこの記事をつぶやく

8月9日から10日にかけて、台風9号の接近にともない、西日本で被害が広がりました。多数の貴い命が奪われ、自然の猛威を感じずにはいられません。……この中で気になったのは、兵庫県佐用町という地名でした。

この記事を読んで思いだしたマンガがありました。星野之宣の『宗像教授伝奇考』です。民俗学・神話学・考古学などを題材にとったマンガで、おそらくこのメルマガの読者の皆さんなら興味を持たれると思います。

このシリーズの中で、file.13:佐用姫(さよひめ)の河 というストーリーが、まさに川の氾濫をテーマにしているのです。

  • 台風九号
  • 宗像教授伝奇考「佐用姫の河」
  • 兵庫のサヨツヒメ
  • サヨヒメ伝説

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/796

コメントする

この号について

このページは、2009年8月10日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.045:月の地名」です。

次の号は「No.047:空間の密度/『地図だけが知っている日本100年の変貌』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。