《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.049:荻窪白山神社女みこしと秋祭り

twitterでこの記事をつぶやく

9月7日の月曜日、荻窪に女性たちがお祭り姿で集まっていました。どうも秋祭りのようで、柿色のハッピを着ています。駅前の西友のエレベーターに大量のハッピ女性たちが乗ってきたのには驚きました。

多くの秋祭りが土日に開かれるのに、平日月曜日にお祭り。しかも女性ばかりというのが気になります。実は、この日は「女みこし」が荻窪の街を練り歩いていたのでした。

ハッピには「白山神社」(はくさんじんじゃ)と書かれていました。それで「女みこし」の理由が思い浮かびます。……

  • 白山神社
  • ミシュラン
  • 秋祭り

……新旧いろいろありますが、新しい街にも中心となる神社があるものです。文字通りの「土地の神」(ゲニウス・ロキ)。仏教寺院があるとは限りませんが、神社のない街は少ないように思われます。そして、神社が秋祭りなどをとおして地域のつながりを作っているのです。


101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/799

コメントする

この号について

このページは、2009年9月 7日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.048:駒場さんぽ」です。

次の号は「No.050:ゲニウス・ロキ探訪一里塚」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。