《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.056:都市計画の主体は誰か

twitterでこの記事をつぶやく

……私が気になったのは、「街の再開発で発言権があるのは住人(特に古い住人)だけであって、商売をしているだけの人間、外からやってくる人間には権利がほぼゼロだ」という発言でした。あまりにも極端な言葉だとは思うのですが……

  • カレンダー作成中です
  • 都市計画の主体は誰か

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/806

コメントする

この号について

このページは、2009年10月26日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.055:横浜弘明寺」です。

次の号は「No.057:ライブハウス、コンサートホールという「場所」(1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。