《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.060:ハイデッガーの考え方と「場所」

twitterでこの記事をつぶやく

本当は、ハイデッガー自身の著書『存在と時間』を読み、それを把握してからこういうことを書くべきなのですが、しかし、現時点でわたしがハイデッガーの思想はこういうものだろうと理解している内容だけでも、非常に意味深いと思われますので、冒険的ですが、ここにまとめてみたいと思います。

  • ハイデッガーの考え方と「場所」

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/810

コメントする

この号について

このページは、2009年11月23日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.059:「場所」論の深遠さをかいま見る」です。

次の号は「No.061:Twitterと「同期」「同位」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。