《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.058:ライブハウス、コンサートホールという「場所」(2)

twitterでこの記事をつぶやく

どれだけの規模の会場で、あるいは「ここ」と名指しされる特別な会場で演奏するということは、アーティストにとっても深い意味があることですし、そしてそれに参加する観客にとっても、「何年何月のあの会場」を体験したり、あるいはそのときその場所だけの空気を共有したという記憶は、非常に思い出深いものとなります。

  • 三村玲土(レニ)
  • Gypsy Queen、伊丹谷良介
  • 五月天(MAYDAY)
  • S.H.E
  • 女子十二楽坊
  • ライブハウスのゲニウス・ロキ

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/808

コメントする

この号について

このページは、2009年11月 9日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.057:ライブハウス、コンサートホールという「場所」(1)」です。

次の号は「No.059:「場所」論の深遠さをかいま見る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。