《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.059:「場所」論の深遠さをかいま見る

twitterでこの記事をつぶやく

今回は「場所」論について、西洋哲学を中心とした流れについて押さえておきたいと思います。かなりおおざっぱに端折った説明にはなりますが、「場所」というのは哲学における極めて重要な要素だということを何となく理解していただければと思います。……

  • 場所論の歴史

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/809

コメントする

この号について

このページは、2009年11月16日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.058:ライブハウス、コンサートホールという「場所」(2)」です。

次の号は「No.060:ハイデッガーの考え方と「場所」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。