《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.064:中央線イマジネーション

twitterでこの記事をつぶやく

中野、高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪、吉祥寺、三鷹。この中央線カルチャーを背負ったそれぞれの駅には、特別な印象があるようです。他の路線があまり独特の文化として描かれるわけではないのに、中央線だけは自己主張をしているようです。

  • 特別な意味を持つ「中央線」
  • 中央モノローグ線


101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/814

コメントする

この号について

このページは、2009年12月28日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.063:下北沢のダイダラボッチ川」です。

次の号は「No.065:小石川七福神」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。