《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.062:丘と沢と風水

twitterでこの記事をつぶやく

山に囲まれた盆地で育った私としては、だだっ広い平地はちょ っと苦手で、丘があったり谷があったり、沢があったり川があったり、上 り坂や下り坂があったりするような地形が好きです。だから、渋谷駅が谷 底にあって東西に坂(宮益坂と道玄坂)があるという地形は好きですし、 下北沢も同じように谷底の駅と代田の丘、代沢の沢で構成されているのが 落ち着きます。

  • 路字

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/812

コメントする

この号について

このページは、2009年12月14日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.061:Twitterと「同期」「同位」」です。

次の号は「No.063:下北沢のダイダラボッチ川」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。