《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.070:関東と関西――「関」のはなし

twitterでこの記事をつぶやく

東京に来て、名古屋のことを関西という人がいて驚いたことがあります。関東から見れば箱根より西は関西のようなイメージかもしれませんが、関西から見れば関ヶ原より東が東国というイメージです。

もちろん、東西の境目は関ヶ原だけでなくフォッサマグナ、箱根という三段階があって、それより東はもう区別がつかないというのが関西人です。

では、歴史的には東と西の境はどのように認識されていたのでしょうか。


101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/820

コメントする

この号について

このページは、2010年2月 8日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.069:しもきた天狗まつり」です。

次の号は「No.071:「聖地」は作られるもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。