《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.078:諏訪大社 御柱祭 下社木落し(1)

twitterでこの記事をつぶやく

四つの神社に立てられている柱を、七年に一度建て替えるのが御柱祭。事前に選ばれた木を伐り倒し、曳いて行きます。今回、2010年4月には、第1週に上社、第2週にそれぞれ3日ずつ、下社の「山出し」が行なわれました。これは伐り出された御柱を山から途中の中継点まで曳き出すものです。5月には里曳きが行なわれ、神社まで曳かれて御柱が建てられます。

7年に一度ですのでぜひ見たいと思い、4月9日金曜日、下社山出し初日に行ってきました。

諏訪御柱下社木落1

  • 御柱祭
  • 8時ちょうどのスーパーあずさ5号
  • 信州なび助
  • 下諏訪町歴史民俗資料館
  • 諏訪大社下社秋宮
  • 中山道
  • 下社春宮
  • 万治の石仏
  • 注連掛
  • 木落とし(一本目)

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/828

コメントする

この号について

このページは、2010年4月12日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.077:桜の名所、染井村から飛鳥山」です。

次の号は「No.079:諏訪大社 御柱祭 下社木落し(2)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。