《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.085:東京都内の都道府県「アンテナショップ」巡り(前編)

twitterでこの記事をつぶやく

東京都内には、全国都道府県の「アンテナショップ」が約40ほどあります。アンテナショップとは、もともと製品紹介や、消費者の反応を見るために作られるショップのことで、どうやら和製英語のようです。

東京都内、特に日本橋・京橋・銀座・有楽町・新橋一帯のエリアには、都道府県が出店しているアンテナショップが集中しています。これは地元の観光ガイドや特産品紹介のみならず、企業誘致などのアピールを行なっているところもあります。

府県の中には東京にアンテナショップのないところもありますが、今回、東京都内で日本全国の都道府県をめぐろうと思い立ち、アンテナショップめぐりをやってみました。

アンテナショップ二代目ぐんまちゃん

  • 三越前
  • 日本橋・八重洲
  • 東京交通会館
  • 銀座一丁目駅
  • 八丁堀
  • 東銀座
  • 銀座
  • 有楽町駅西口
  • 新橋駅

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/835

コメントする

この号について

このページは、2010年6月 7日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.084:明治維新後に「府」は十あった」です。

次の号は「No.086:東京都内の都道府県「アンテナショップ」巡り(後編)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。