《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.087:観光庁・経済産業省がネットで休暇分散化の意見を募集

twitterでこの記事をつぶやく

観光庁・経済産業省がネットで休暇分散化についての意見を募集するとい う報道がありました。

休暇取得の分散化に関するアイディアボックスの開設| 報道発表 | 報道・広報 | 観光庁

このメルマガでは「観光」も一つのテーマとなっていますので、今週はこ の話題を取り上げたいと思います。

◎観光と都市計画

このメルマガは「ゲニウス・ロキ」がテーマです。都市の歴史や場所の記 憶の「未来」に目を向けたとき、「都市計画」というキーワードが浮かび 上がってきます。もちろん、今の街を知るには、過去の都市計画が絡んで くるわけです。

都市計画の一つの考え方として、観光都市としての計画が挙げられます。 外部からの訪問者を集めるに当たって、「観光」を中軸に据える考え方が 出てきます。文化財や景観がなくても、イベントや企画によって観光化す ることも考えられます。外から人が来て「金を落とす」というのは、地元 の経済とも大きく絡んできます。

そして、外の人に「見せる」ための街と、そうでない街というのは、住む 人の考え方も変わってきます。後者の場合はときによっては「ヨソモノの 排除」に繋がりやすい側面も持っています。

観光庁は「観光立国」を目指す、つまり国単位での観光国家化を目指すた めに設立されたものです。

No.012:「観光庁」設立と「観光」の歴史 - ゲニウス・ロキ探索

その観光庁が今、「休暇分散化」を検討しているのです。……

  • 休暇分散化の内容
  • 休暇分散化への反応
  • 発行者の見解

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/871

コメントする

この号について

このページは、2010年6月21日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.086:東京都内の都道府県「アンテナショップ」巡り(後編)」です。

次の号は「No.088:『聖地の想像力』――たった一つの聖地の条件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。