《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.089:下北沢南口商店街の通り名称に応募(落選)

twitterでこの記事をつぶやく

先日、下北沢南口商店街が、通りの名前をつけてください、という告知を 出していました。

これは面白そうだと思って、考えた末、締め切り前にフォーム送信しまし た。

その結果は……

結局、決まらないという結果に終わってしまいました。いろいろと意見の 対立などがあったのではないかとも思われます。

わたしが送った案は以下のようなものです。

下北沢南口フィクショネスの路地

  1. コウシンロード(庚申路)
  2. ベンテンロード(弁天路)
  3. オルフェウスロード(竪琴路)
  4. ウズメロード(多福路)
  5. ミューズロード(女神路)
  6. ダイダラロード(巨人路)

このアイデアのテーマは「下北沢南口の六福神」です。庚申とダイダラボ ッチは地元にちなみ、その他は芸能・音楽・技芸・商売に関係する東西の 神様を集めてみました。……

  • 松永案
  • 通りのネーミング
  • 改めて歩いてみる
  • 第1回電書フリマに『軍艦島ツアー参加記録』を出品

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/960

コメントする

この号について

このページは、2010年7月 5日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.088:『聖地の想像力』――たった一つの聖地の条件」です。

次の号は「No.090:歌舞伎町弁財天と「都市の弁天軸」、花園神社」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。