《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.097:森ビルで東京十万分の一模型を見る

twitterでこの記事をつぶやく

◎東京1000分の1模型

ブロガー等として活躍されている、いしたにまさきさんの呼びかけで、 森ビルの東京1/1000模型を見られるイベントがありましたので、参加して きました。

「森ビルの東京1/1000を見てにやにやしよう!」というイベント開催のお知らせ:[mi]みたいもん!

にやにやするつもりがいろいろ考えさせられた「森ビルの東京模型1/1000」イベント:[mi]みたいもん!

森美術館のオープニング企画「世界都市展」(2003年)で展示された東京 の模型を実際に見られるというので、情報を知ってすぐに申し込みました。

東京1/1000模型

  • 東京スキャナー/東京静脈
  • 変化し続ける1000分の1模型
  • しかし、森ビル。
  • 上海とニューヨーク

……もちろん、合理的であることは大切なことです。しかし、こういう、いわ ば「神の視点」から見た都市計画が果たして成功するのか……。

旧満州国の首都で理想的な都市計画が立てられた新京、ル・コルビュジエ の理念に沿って造られたがあまりにも非人間的な失敗作となったブラジリ ア……。また平安京は左右対称の都として造られながら東側の左京だけが 発展しました。

計算だけでは成り立たないもの、それが都市だと思います。 私たちはできあがった都市を模型化することはできても、模型を都市化す ることには失敗するのではないでしょうか。……


101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/1041

コメントする

この号について

このページは、2010年9月 6日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.096:水の東京を訪ねて東京水辺ライン」です。

次の号は「No.098:東京・愛宕山を歩く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。