Help:Tracking changes/ja

出典: 閾ペディアことのは

PD
注意事項: このページは、MediaWikiのパブリックドメインヘルプを利用して作成されたページです。パブリックドメインヘルプはウィキの新規インストールに際して自由にコピーできるものです。ヘルプの全ページの目次はHelp:Contents/jaをご覧ください。使用方法についてはHelp:Copying/jaをご覧ください。

なお、このページでは原文のままではなく、「閾ペディアことのは」に合わせた改変がなされている部分がありますので、ご利用の際にはご注意ください。

PD

MediaWiki にはそのウィキ内で行われている変更を追跡するための特別ページとツールが備わっています。これらのページやツールを使って、例えば次のようなことを監視できます。

  • 全ページに対する最近の変更
  • 改訂履歴: 特定のページに対する全変更記録
  • 特定の利用者の投稿記録
  • 新しく作成されたページ

中でも多くの情報を持つ特別ページが最近更新したページです。このページは、そのウィキで行われた全ての編集、ファイルのアップロード、ページの移動、削除など多くの操作を表示します。ページ上部のメニューには表示をカスタマイズするためのリンクも備わっていて、表示する変更の件数、表示期間、名前空間の絞り込みなどができます。また、「細部の編集」を隠すこともできます(ただし実際には重要な変更にも「細部の編集」のフラグをつけることができるので注意が必要です)。

「最近更新したページ」の各行はいくつかのリンクにより構成されています。

  • 「差分」 は直前の版との違いを表示
  • 「履歴」 はそのページの履歴へリンク
  • ページタイトルは最新版にリンクします。タイトルの太字はそのページがあなたのウォッチリストにあることを示しています。

以下はページの変更の種類を記述するフラグです。

  • “N” は新規ページ
  • “M” は細部の編集
  • “b” ボットによる編集

続いてタイムスタンプ、直前の版とのページサイズの変更量、そして変更を加えた利用者の情報が表示されます。利用者の情報として、その利用者の利用者ページ(ログイン利用者の場合のみ)と会話ページ、投稿記録へのリンクが表示されます。

最後に、編集時に編集の要約が副えられていれば、その要約がイタリック体で表示されます。

拡張表示

もしあなたがログインしていて、JavaScriptを有効にしているなら、さらに表示を「拡張」することができます。表示を拡張するには、個人設定にて「最近更新したページを拡張する(JavaScriptが必要)」を有効にするだけです。このオプションを有効にすると、最近の更新を編集ごとにではなく、ページごとにまとめて表示するようになり、「最近更新したページ」の各エントリは以下のようになります。

15:17 メインページ (4 回の更新; (+236) 履歴) [利用者1 (2×); 利用者2 (2×)]

タイムスタンプの左にある青色の矢印をクリックすると、そのページの変更記録が展開され、各変更の記録が通常のスタイルにて表示されます。この拡張表示は個人設定でいつでも有効・無効を切り替えられますので、お好きな方をお使いください。

関連項目

ウィキ管理者への助言: MediaWiki:Recentchangestextにあなたのウィキにおける重要なページを加えて、Special:Recentchangesの冒頭に表示させるようにできます。

個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加