女子十二楽坊はじめました

 これから女子十二楽坊情報をこのブログに適宜流すことにします。適当にまとまったら独立ページ作ります。以下、雑談と関連リンク集。

2003年10月 1日03:02| 記事内容分類:女子十二楽坊| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(2) | トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

【2003.10.29追加】「※女子十二楽坊資料館」が開設されました。ぜひご参照ください!【追加ここまで】

【雑談】
 自分の中では、中國娃娃China Dolls以来久々にアジアポップ音楽でツボにはまったのが女子十二楽坊でしたね。
 プロデュースは「中国のつんく」こと、王暁京。この人自身にも興味がわきますが、それはさておき。
 民族音楽を現代に蘇らせる癒し系、といえばアイルランド・トラッドのエンヤを思い出します。しかし、女子十二楽坊は、もちろん伝統的中国民間音楽・楽器を使っているものの、もう少しポップ色が強い感じ。「自由」のメロディラインはマーラーの交響曲にも似た響きがありますし、東亜的音楽を現代風にということで思い出したのはなぜか「必殺仕事人」のBGM。あと、押井守監督の映画「AVALON」(意味不明な連想でスミマセン)。
 今後、アメリカへも進出するようですが、うーん、どうでしょうね。日本人はかつての中国音楽を輸入して日本の伝統音楽を作ってきたので、共通の「懐かしさ」を持っているわけです。しかし、アイルランド・トラッドその他の西洋音楽を土台としているアメリカ人が、この音色を日本人ほどに好むかどうか。「中国のつんく」のお手並み拝見というところです(でもこちらはメンバー入れ替えはほとんどないでしょう。笑)。

【Amazonで購入できます】
covercovercover

女子十二楽坊~Beautiful Energy~ 大ヒット1stアルバム
奇跡 2003/11/06発売ライブ版。予約受付中
限定:女子十二楽坊専輯 中国大陸盤。VCD付き


【関連リンク集】
12 Girls Band Archives - 女子十二楽坊資料館

(これ以下のリンクは、女子十二楽坊資料館のリンク集に移動しました)

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2003年10月 1日03:02| 記事内容分類:女子十二楽坊| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(2) | トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(1)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/17

blog@Junkie Surfer Notes - 女子十二楽坊。 (2003年10月 1日 05:52)

めざましTVに生出演したのを見てから気になっていたのですが、聴いてみたらやっぱり良かったです。 2曲目の「自由」はCMだと思いますが、テレビで流れてます。 ハーモニーがきれい... 続きを読む

コメント(2)

聞きましたが、従来の茉莉花とかの曲が東洋的でよい。女子12楽坊の曲は西洋化されすぎて本来の東洋の楽器が表現されていないようですので。もっと東洋的でいいのではないでしょうか。ジャズではないのだ、東洋を表現しろ。でも紫禁城とか自由とか奇跡とか無詞は聞いてます。せっかく中国一の演奏者が集まっているので東洋の原点を引き出して欲しいものです。

茉莉花古筝韵をきいてるものですがそれと比較すると東洋的なものがなくジャズに近い局だと思いました。せっかく一流の演奏家が集まっていますので、東洋を引き出したら如何でしょうか。アジア民族を

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2003年10月 1日 03:02に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、女子十二楽坊をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「博客:e時代的盗火者」です。

次のブログ記事は「女子十二楽坊は王菲を破り鄭麗君に匹敵する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。