木子美:性愛日記を公開した中国女性ブロガー

木子美(ムーツメイ)」を筆名・ネット名として性愛日記を発表した女性ブロガーが現在の中国のネットワークで最もホットな人物となっており、今年の8月以来話題になっている。ネットワーク上で大きな騒ぎを巻き起こしたが、最近まで木子美はネット上で性愛日記『遺情書』を発表し、何度か閉鎖に追い込まれた。また、書籍も出たが、すぐに発売禁止になったようだ。以下詳細。

2003年12月 2日11:21| 記事内容分類:中国ネット事情, 中国時事ネタ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(1) | トラックバック(4)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

 木子美は広州のある小資本読み物の女性編集者で、20世紀70年代末に生まれ、広東のある大学を卒業した。今年6月19日、木子美はネット上で自分の性愛日記を公開し始めたが、その時点でのアクセス数は多くはなかった。
 8月のある日、木子美は『遺情書』の中で、広州の某有名ロック歌手の「一夜の情」の出来事を記した。以前の創作と同じように、その出来事は細部まで描写され、彼女とその有名歌手とセックスしたときの詳細を描いていた。彼女は日記中でその歌手の真実の姓名を書いており、その性技巧と能力についても書いていた。このことはすぐに広州マスコミ界、音楽界、ネットワークで広がり、木子美は一躍有名人となった。
 次に好運に恵まれたのは、彼女の公開していた日記は多くの支持を受けたということだ。この件の後、木子美は圧力を受けて日記を一時閉鎖したが、また新たに公開し、アクセス数は急上昇し始め、ネットワーカーたちは大量の議論を行なった。

木子美の小プロフィール

性別:女性 年齢:25歳 原籍:広東梅州 卒業学院と大学:広州中山大学 職業:編集者 身長:160cm前後 人気指数:★★★★★ 有名になった理由:性体験の著述

木子美の存在は一種の現象だ。たとえあなたが批判するとしても、それが存在することを認めることを前提とする。李銀河女史はこういう。「このような短い歴史時期の中を観察して、中国のこのように伝統道徳の根強い社会の中にあって、人々の行為の模式となるものの発生はこのように激しく変化しており、面白い状況だといえよう」

「私を取材するんだったら、先に私とベッドに入らないといけない。ベッド上で過ごした時間だけ、私は取材を受けてあげる」というのが、少し前に北京の某メディアのある男性記者に対して木子美が送った返答だ。男性記者はびっくりした。これは冗談であり、挑発でもある。このエピソードは広くネット内外で広まった。

中国のような社会では、数千年来の道徳的な影響を抜け出すことができない。すなわち、男性は放縦も自然で、特に問題にならない。女性の放縦はどのような状況でも例外なく放蕩と見なされ、下賤というレッテルを貼られる。木子美の言論はこの「心理道徳のアンダーライン」に引っかかったのである。

木子美の自己評価:
 木子美はかつて取材を受けた時、「もともと無名で一夜にして有名になった」人じゃないと自分で語った。大学の時、丸坊主にしてパフォーマンスをしたりしていた。このような状況に対して彼女は説明した。
「有名になるのは私の個性が原因――私はあなたとちがうし、あなたは私が作るものを作らない」

木子美の世間を驚かせた会話:
――結婚することはありえますか?
木子美:ありえます。もし誰かが私に求婚して、私がふさわしいと思ったら結婚できます!実のところ結婚はパフォーマンスみたいなもの。今、私が話題になっているとき、結婚したら面白いわね……。

 有名な社会学専門家の李銀河は木子美とその件について、「中国のこのような伝統道徳が根強い社会の中で、人々の行為モデルの発生は劇的に変化している」「中国社会派既に第3段階(男性だけが性の自由を享受するのではなく、女性もまた享受する段階)に移行した」と述べている。
 中国人民大学の社会学教授・周孝正は指摘する。「木子美現象は決して個人の現象ではない。それは中国社会の中で新しく興った、社会責任感に欠けるグループの代表なのだ」
 曁南大学で社会学を専攻する馬秋楓教授はこのように語る。「このような状況の出現は、もともと正常なものである。これは価値多元化社会であり、それぞれの人がそれぞれ自分の人生観・価値観を持つことになる」「人類の歴史で、色に狂うのは男性の特権だった。しかし、木子美は一種の極端な方法で平等を追求し、身体を利用して男女平等を提唱したのである」

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2003年12月 2日11:21| 記事内容分類:中国ネット事情, 中国時事ネタ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(1) | トラックバック(4)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(4)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/102

JMMはとてもクオリティの高い記事を毎回配信しているメルマガだが、ぼくのお気に入りは米国ニュージャージー州在住の冷泉彰彦さんの『from 911/USAレポート』と、もう一つ香港在... 続きを読む

10年ほど前の話ですが、中国の蘭州で仲良くなった(というか40万でパスポートを売れと言われ 続きを読む

10年ほど前の話ですが、中国の蘭州で仲良くなった(というか40万でパスポートを売れと言われ 続きを読む

TIME ガイダンス-Scanworld-英語を学ぶきっかけ探し『世界、ちょいびき!』 - セックスの何が悪いのさ、増える乱交と中絶 (2006年1月25日 07:03)

Sex, Please -We¥'re Young and Chinese 【TIMEへGO】 中国通の方... 続きを読む

コメント(1)

この木子美が話題になっているの知ってたんですが、ちょっと自分のサイトで記事を書くのはどうしたもんかと躊躇ってました。

かみさんから突っ込まれたら、タジタジですからね。

ちょっと補足しておくと、中国の公=パブリックには伝統的な性差別というか、性へのタブーが強いといえますが、これはあくまで公の建前としてです。

私の部分での女性の解放はもっとずっとずっと進んでいます。日本よりも先に行っている部分すらあるといってもいい。

なにしろ毛沢東が女性の解放を支持して、お墨付きを与えましたからね。

この公私という感覚はちょっと一言では説明できないくらい日本との微妙な違いがあるので、注意して記事を理解する必要があります。

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2003年12月 2日 11:21に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、中国ネット事情中国時事ネタをご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「東浩紀氏、ついにブロガーに。」です。

次のブログ記事は「クリエイティブ・コモンズは未成熟」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。