百年前の牛丼屋(というか牛鍋店)

 別に牛丼という料理が日本から消えたわけではないのだが、「牛丼の吉野家」から牛丼メニューが消えたことは一大ニュースとなった。
 吉野家 牛丼の歴史より

 そもそも、牛丼のルーツといわれているのは、明治時代に流行った牛鍋の残り汁をかけた丼飯。それまで、牛丼を食べる習慣がなかった庶民の前に登場した牛鍋という料理、そしてその副産物ともいえるメニューが牛丼だったのです。


 明治初期の風物を伝える服部誠一(撫松)の『東京新繁昌記』(明治七年~)という本に「牛肉店」という項目がある。これぞ「百年前の牛丼屋」(牛鍋メインだけど。あと、正確には130年前)の様子を伝える文章といえよう。というわけで、この項目を現代語訳してみた。

2004年2月13日19:55| 記事内容分類:日本史| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(0)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

牛肉店

 牛肉は人にとっては、開化の薬屋、文明の良薬である。これは精神を養うことができ、胃腸を健やかにすることができ、血脈を助けることができ、皮・肉を肥やすことができる。これは良薬だけど口に甘く、良食であって腹に適している。しかもその効能が速やかなのは、喰ってその効能を知るべきだ。これを旧習病・因循病に用いるなら、たとえ頑固な症状であったとしても、一鍋で気力を発し、十鍋で完全に直すであろう。この良薬があれば七年の粟も店を閉じ、三年のヨモギも値打ちがない。一かたまりの肉で十の病を治し、十の蹄で百の病を救う。千効万能、百帖の苦い薬を飲むよりは、一鍋の甘い肉を喰う方がいい。  その製法については、煮たり、焼いたり、漬けたり、乾したり。  その薬店を見れば、紅肉が並んでいる。肥えた大股もあり、忘れることはできない。一さじの肉で老人は一寸の寿命を延ばし、一鍋の肉で書生の朝の空腹を満たすことができる。喰わんかな、喰わんかな。たとえ私は白米の飯を食わなくても、肉を食って百年の妙齢を保ってやるぞ。首陽山の伯夷・叔齊のようにワラビだけ食って死ぬなんてバカバカしい。ご養生、ご養生。たとえ私はカツオの刺身を食わなくても、鍋を買って一きれの肉を蓄えるぞ。孔子のように陳と蔡の国境で食料が尽きるなんてドンクサイ。  この肉店が都下に並んだのはまだ最近のことだが、もう数は数え切れない。ウナギを圧倒し、山鯨(イノシシ)を呑み込み、各町の坊に看板の出ていないところはない。肉の流行は汽車に乗ってニュースを伝えるよりも速いものだ。

 肉店には三等級ある。旗を店先に翻すのは上等だ。行灯を角に掲げるのは中等だ。障子戸を看板代わりにしているのは下等だ。みな朱で牛肉という二文字を書いている。これは鮮肉を表わしている。
 鍋にもまた二等級ある。ネギと一緒に煮るのを並鍋という。値は三銭半。脂で鍋をこすって煮るのを焼鍋という。値は五銭。
 一客一鍋、火盆ごと出す。酒を注文する者もあれば、飯を注文する者もいる。火をつければ肉は縮む。沸々焦々フツフツヂリヂリ、喰っては煮る。
 肉を食べるときは和をもって貴しとなす。老人も若いのもこれに従う。もう食べに食べてお腹一杯、体も温まり、佳境に入る。
 客は店の二階に座っていた。そのとき、ブタをひいて店の前を過ぎる者がいた。客はこれを見て言った。
「ブタをどうするんだね」
「屠殺場でばらすとこなんだが」
「そいつがフタフタと死地に赴くようなのは見るに忍びないね。牛をそれと交換してくれよ」
 その客は肉を味わってなかったのだな。牛とブタが同じなんてことはありえない。
 もし牛を屠ったら、その肉も捨ててはいけない。私は叩いて食べるよ。その糞も捨てちゃいかん。カラスの餌にはなるんだから。
 これが霊薬として力を発揮するのは味噌にしたときだ。ああ、不老の大薬、ああ、不死の良医。
 君、牛よ、私は君に引導を渡そう。君は徐々緩々ノソノソの性質なのに、活々発々バリバリの人を養うのだ。君がもし人を養うことがなければ、国に文明はない。国に文明がなければ、世に開化はない。つまり、開化の徳は君から出ると言ってもいいだろう。だから私は君を愛している。米を買う銭をはたいても、君を毎日招く。一斤の肉を買う力がなくても、君のことを思ってよだれを垂らさない日はない。寝ては君を夢に見て、覚めては君のことを思う。お腹が空いたら必ず君に遭い、喰っても君に飽きることはない。私と君の交際は実に深いものだといえるだろう。したがって、私は君を自分の腹の中に葬り、長らく君の墓としよう。カスは便所に流れるだろうが、その魂は必ず私の腹の中に収まる。
 君の魂に霊力があるなら、私の愚かさを養って上質の智となし、必ず月に金いくらかを得させておくれ。三年喰ってもまだ官職を得られていない。銭もたまっていない。
 また、君は短命を嘆いてはならない。「身を殺して仁をなす」とは君のことだ。死んで人に利益をもたらすならば、どうしてこの世に恨みがあろう。君が老いてカスの中で死ぬよりも、鍋に入って成仏する方がいい。
 最近聞いたのだけど、君はときどき美人の口に入るが、それは極楽浄土の往生だ。あるときは英雄の腹に葬られ、あるときは美人の腸に収まる。これもまた縁ではありませんか。もし道路で死んでむなしく腐ってしまうなら、どうしてこんな大葬をしてもらえようか。牛よ、君は吼えてはならない。牛よ、君は嘆いてはならない。私はいろいろはかりごとをめぐらても、まだ大臣にお近づきはできていない。財布をはたいても、まだ美人の手に触れることはできていない。君は死肉のくせに、生きている私よりはるかに恵まれているではないか。私は自分の肉を屠って、君のようになりたいと思うほどだ。そうしたら願いがかなうかもな。しかし、食べる人が私の肉だと知ったなら、必ず吐いて野良犬どもに投げ与えるだろう。果報は寝て待てというが、私はそのときを待つにも至らない。ましてや腹が不平を言ってるぞ。腹が鳴ってゴロゴロ、ああ、牛肉に満足したようだ。

 露店を開いて肉を売る者がいる。これを烹籠(にこみ)という。これは肉店に上がることのできない貧乏人相手だ。不精オヤジが水バナをすすりながら作る。竹串で肉を貫き、これを大鍋に入れる。火は常についていて、肉は常に沸いている。一串で値段は文久二孔。オヤジが「にこみあったかい」と呼び込みをする。
 店を四通の街に開くときは、必ず人や人力車のよく通るところだ。人力車夫が鍋を囲んでこれを喰う。とにかく群がって、縦食いするものあり、横食いする者あり、あるいは串を争って闘う者もいる。噪々噛々ガヤガヤムシャムシャ、三串で一時の空腹を癒す。
 この肉のことなんだが。毎日屠殺場を回って、その廃肉を買ってくる者が多いらしい。こわばって渋紙のようになっているのは、すでに十日経った肉。柔らかくて豆腐みたいなのは、もう腐ったような肉だ。下汁は鎌倉時代のみたいな古いのがたまってるし、日々古くなっていき、その臭気は鼻をつくようだ。肉はもともと薬食だといっても、これを喰っても効果がないのは藪医者だって知っている。それどころか、屠殺場の廃肉が手に入らなければ、犬・馬の肉を混ぜる者もいるという。餓鬼となってもそんな毒は喰いたくない。もし誤って犬肉を食ったら、開化もたちまち野蛮となり、おそらくは文明人にかみついてしまうだろう。
 それでこの店の看板にこう書いてあるのだな。「近頃、我が店の肉に偽の肉がまじっていることがございます。四方からお越しのお客様、その肉の色を吟味してからお召し上がりください」と。

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2004年2月13日19:55| 記事内容分類:日本史| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(0)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(0)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/163

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2004年2月13日 19:55に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、日本史をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「ゴーストライターズ2「著者のネームバリュー」の呪い」です。

次のブログ記事は「牛丼屋は130年前にも殺伐としていた(笑)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。