東北楽天ゴールデンイーグルス誕生:歴代プロ野球親会社の業種一覧

 プロ野球新規参入は、ライブドアではなく楽天イーグルスに軍配が上がった。いずれにせよIT系企業がプロ野球球団のオーナーになるというのは、時代を反映しているような気がする。

 ……ということは、歴代のプロ野球の親会社の業種を見れば、世相が浮かび上がってくるだろうか? と思い立って、ごく簡単ながら、これまでのプロ野球オーナー会社の業種をまとめてみた。

 参考にしたのはWikipedia日本語版 Category:野球チームの各記事ならびにプロ野球データ管理室:球団変遷である。間違いなどあればご指摘ください。

☆11/10、広島東洋カープを「自動車1」から「自動車0.5+地域0.5」に計算修正。

2004年11月 3日00:13| 記事内容分類:日本時事ネタ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(3) | トラックバック(2)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

戦前

 最初のプロ野球7球団は、新聞4社・鉄道3社から始まった(後援含む)。その後の流れでは個人所有もみられる。戦争が始まると軍需産業系も。

  • 1936 新聞4、鉄道2.5、個人0.5
    • 東京巨人(讀賣新聞)
    • 大東京(国民新聞)
    • 名古屋(新愛知新聞)
    • 名古屋金鯱(名古屋新聞)
    • 大阪タイガース(阪神電気鉄道)
    • 阪急(阪急電鉄)
    • 東京セネタース(貴族院議員有馬頼寧+西武鉄道後援)
  • 1937 新聞3、鉄道2.5、歯磨0.5、球場1、個人1
    • 大東京→ライオン(田村駒治郎+ライオン歯磨)
    • +後楽園イーグルス(後楽園)
  • 1938 新聞3、鉄道3.5、歯磨0.5、個人2
    • 後楽園イーグルス→イーグルス(高橋龍太郎)
    • +南海(南海電気鉄道)
  • 1940 新聞3、鉄道3.5、歯磨0.5、個人2
    • 東京セネタース→翼軍
    • 大阪タイガース→阪神
    • イーグルス→黒鷲軍
  • 1941 新聞2、鉄道3、個人3
    • ライオン→朝日軍
    • 翼軍+名古屋金鯱軍→大洋軍
  • 1942 新聞2、鉄道3、鉄工1、個人2
    • 黒鷲軍→大和軍(大和工作所=鉄工所)
    • ※新愛知新聞と名古屋新聞が合併して中部日本新聞に。
  • 1943 新聞2、鉄道4、鉄工1、個人1
    • 大洋軍→西鉄軍(西日本鉄道)
    • ※阪神急行電鉄は10/1に京阪神急行電鉄に。
  • 1944 新聞1、鉄道3、軍需1、個人1
    • 名古屋軍→産業軍(理研工業=軍需産業)
    • 南海→近畿日本(近畿日本鉄道)
    • 西鉄軍・大和軍解散

戦後

 戦後は鉄道・新聞・映画あたりが中心となって復興。

  • 1946 鉄道3、新聞2、工場1、個人2
    • 東京巨人(讀賣新聞)
    • 産業→中部日本(中部日本新聞)
    • 阪神(阪神電気鉄道)
    • 阪急(阪急電鉄)
    • 近畿日本→近畿グレートリング(近畿日本鉄道)
    • 朝日→パシフィック(田村駒治郎)
    • +セネタース(西園寺公望オーナー、横沢兄弟の個人運営)
    • +ゴールドスター(田村駒系列の工場)
  • 1947 鉄道4、新聞2、工場1、個人1
    • 東京巨人→読売ジャイアンツ
    • 阪神→大阪タイガース
    • 近畿グレートリング→南海ホークス(南海電気鉄道)
    • パシフィック→太陽ロビンス
    • セネタース→東急フライヤーズ(東急)
    • 阪急→阪急ベアーズ→阪急ブレーブス
  • 1948 鉄道3.5、新聞2、映画0.5、工場1、個人1
    • 太陽ロビンス→大陽ロビンス
    • 中部日本ドラゴンズ→中日ドラゴンズ
    • 東急フライヤーズ→急映フライヤーズ(東急+大映球団)
  • 1949 鉄道4、新聞2、映画1、食品1、個人1
    • 急映フライヤーズ→東急フライヤーズ
    • 金星スターズ→大映スターズ(大映)
    • +まるは球団(大洋漁業)

2リーグ制開始

 当初は鉄道・新聞が強かったが、1960年代後半から食品系が伸びる。

  • 1950 鉄道系7、新聞4、映画1.5、食品1、個人0.5、地域1
    • 読売ジャイアンツ(讀賣新聞)
    • 中日ドラゴンズ(中日新聞)
    • +毎日オリオンズ(毎日新聞)
    • +西日本パイレーツ(西日本新聞)
    • 東急フライヤーズ(東急)
    • 大阪タイガース(阪神電鉄)
    • 阪急ブレーブス(京阪神急行電鉄)
    • 南海ホークス(南海電鉄)
    • +近鉄パールス(近畿日本鉄道)
    • +国鉄スワローズ(鉄道協力会・鉄道弘済会・日本通運・日本交通公社)
    • +西鉄クリッパース(西日本鉄道)
    • まるは球団→大洋ホエールズ(大洋漁業)
    • 大映スターズ(大映)
    • 大陽ロビンス→松竹ロビンス(田村駒治郎+松竹)
    • +広島カープ(親会社なし)
  • 1951 鉄道系7、新聞3、映画1.5、食品1、個人0.5、地域1
    • 中日ドラゴンズ→名古屋ドラゴンズ
    • 西鉄クリッパース+西日本パイレーツ→西鉄ライオンズ(鉄道)
  • 1953 鉄道系7、新聞3、映画1.5、食品0.5、地域1
    • 大洋ホエールズ+松竹ロビンス→大洋松竹ロビンス(大洋が松竹を吸収合併)
  • 1954 鉄道系6、新聞3、映画2.5、食品0.5、個人1、地域1
    • 大洋松竹ロビンス→洋松ロビンス
    • 名古屋ドラゴンズ→中日ドラゴンズ
    • 東急フライヤーズ→東映フライヤーズ(東映)
    • +高橋ユニオンズ(高橋龍太郎)
  • 1955 鉄道系6、新聞3、映画2、食品1、鉛筆0.5、個人0.5、地域1
    • 洋松ロビンス→大洋ホエールズ(松竹が撤退)
    • 高橋ユニオンズ→トンボユニオンズ(トンボ鉛筆と提携)
  • 1956 鉄道系6、新聞3、映画2、食品1、個人1、地域1
    • トンボユニオンズ→高橋ユニオンズ
  • 1957 鉄道系6、新聞3、映画2、食品1、地域1
    • 大映スターズ+高橋ユニオンズ→大映ユニオンズ
  • 1958 鉄道系6、新聞2.5、映画1.5、食品1、地域1
    • 大映ユニオンズ+毎日オリオンズ→毎日大映(大毎)オリオンズ
  • 1959 鉄道系6、新聞2.5、映画1.5、食品1、地域1
    • 近鉄パールス→近鉄バファロー
  • 1961 鉄道系6、新聞2.5、映画1.5、食品1、地域1
    • 大阪タイガース→阪神タイガース
  • 1961 鉄道系6、新聞2.5、映画1.5、食品1、地域1
    • 近鉄バファロー→近鉄バファローズ
  • 1963 鉄道5、新聞3.5、映画1.5、食品1、地域1
    • 国鉄スワローズから国鉄が撤退、産経新聞とフジテレビが出資。
  • 1964 鉄道5、新聞3.5、映画1.5、食品1、地域1
    • 大毎オリオンズ→東京オリオンズ
  • 1965 鉄道5、新聞3.5、映画1.5、食品1、地域1
    • 国鉄スワローズ→サンケイスワローズ(産経新聞に正式に移る)
  • 1966 鉄道5、新聞3、映画1.5、食品1.5、地域1
    • サンケイスワローズ→サンケイアトムズ(ヤクルトが運営に参加)
  • 1967 鉄道5、新聞2.5、映画2、食品1.5、地域1
    • 東京オリオンズから毎日新聞撤退。
  • 1968 鉄道5、新聞2.5、映画2、食品1.5、自動車0.5、地域0.5
    • 広島カープ→広島東洋カープ(東洋工業=マツダが筆頭に)
  • 1969 鉄道5、新聞2.5、映画1.5、食品2、自動車0.5、地域0.5
    • 東京オリオンズ→ロッテオリオンズ(大映+ロッテ)
    • サンケイアトムズ→アトムズ(経営権をヤクルトが握る)
  • 1970 鉄道5、新聞2、映画1.5、食品2.5、自動車0.5、地域0.5
    • アトムズ→ヤクルトアトムズ(ヤクルト単独)
  • 1971 鉄道5、新聞2、映画1、食品3、自動車0.5、地域0.5
    • ロッテオリオンズの親会社が正式にロッテ単独になる
  • 1973 鉄道4、新聞2、食品3、不動産2、自動車0.5、地域0.5
    • 東映フライヤーズ→日拓ホームフライヤーズ(不動産・パチンコ)
    • 西鉄ライオンズ→太平洋クラブライオンズ(ゴルフ場開発会社が冠)
    • ※京阪神急行電鉄は4月1日から阪急電鉄に。
  • 1974 鉄道4、新聞2、食品4、不動産1、自動車0.5、地域0.5
    • 日拓ホームフライヤーズ→日本ハムファイターズ
  • 1977 鉄道4、新聞2、食品4、ライター1、自動車0.5、地域0.5
    • 太平洋クラブライオンズ→クラウンライターライオンズ(廣済堂グループ傘下の会社)
  • 1978 鉄道4、新聞2、食品4、ライター1、自動車0.5、地域0.5
    • 大洋ホエールズ→横浜大洋ホエールズ
  • 1979 鉄道4、新聞2、食品4、不動産1、自動車0.5、地域0.5
    • クラウンライターライオンズ→西武ライオンズ(コクド=観光施設・不動産・建設)

1979-1988

1979年以降、10年間にわたって変化がなかった。この時期のチームをまとめなおすと、

  • 鉄道4
    • 阪神タイガース(阪神電鉄)
    • 阪急ブレーブス(阪急電鉄)
    • 南海ホークス(南海電鉄)
    • 近鉄バファローズ(近畿日本鉄道)
  • 食品4
    • 横浜大洋ホエールズ(大洋漁業)
    • ヤクルトスワローズ(ヤクルト)
    • ロッテオリオンズ(ロッテ)
    • 日本ハムファイターズ(日本ハム)
  • 新聞2
    • 読売ジャイアンツ(讀賣新聞)
    • 中日ドラゴンズ(中日新聞)
  • 不動産1
    • 西武ライオンズ(コクド)←これは鉄道にいれてもいいかもしれないが
  • 自動車&地域密着1
    • 広島東洋カープ(マツダ)

1989再編開始

 鉄道系が阪神以外消滅。業種は多種多様に。地域密着型も増えた。

  • 1989 鉄道2、新聞2、食品4、不動産1、自動車0.5、地域0.5、スーパー1、金融1
    • 南海ホークス→福岡ダイエーホークス
    • 阪急ブレーブス→オリックス・ブレーブス(リース・金融)
  • 1991 鉄道2、新聞2、食品4、不動産1、自動車0.5、地域0.5、スーパー1、金融1
    • オリックス・ブレーブス→オリックス・ブルーウェーブ
  • 1992 鉄道2、新聞2、食品4、不動産1、自動車0.5、地域0.5、スーパー1、金融1
    • ロッテオリオンズ→千葉ロッテマリーンズ
  • 1993 鉄道2、新聞2、食品4、不動産1、自動車0.5、地域0.5、スーパー1、金融1
    • 横浜大洋ホエールズ→横浜ベイスターズ
  • 1999 鉄道2、新聞2、食品4、不動産1、自動車0.5、地域0.5、スーパー1、金融1
    • 近鉄バファローズ→大阪近鉄バファローズ
  • 2002 鉄道2、新聞2、テレビ1、食品3、不動産1、自動車0.5、地域0.5、スーパー1、金融1
    • 横浜ベイスターズの親会社がTBSへ移行
  • 2004 鉄道2、新聞2、テレビ1、食品2.5、不動産1、自動車0.5、スーパー1、金融1、地域1
    • 日本ハムファイターズ→北海道日本ハムファイターズ(食品+北海道企業)
  • 2005 鉄道1、新聞2、テレビ1、食品2.5、不動産1、自動車0.5、スーパー1、金融1、IT1、地域1
    • オリックス・ブルーウェーブ→オリックス・バファローズ(吸収)
    • +東北楽天ゴールデンイーグルス(楽天)
    • 西武ライオンズ身売り?
【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2004年11月 3日00:13| 記事内容分類:日本時事ネタ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(3) | トラックバック(2)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(2)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/289

歴代のプロ野球の親会社の業種を見れば、世相が浮かび上がってくるだろうか?(絵文録ことのは) ... 続きを読む

「プロ野球の親会社の業種は、時代を反映している」 と、この前テレビで言っていた。... 続きを読む

コメント(3)

こんにちは。
記事へのツッコミ失礼します。

阪急電鉄の社名ですが、~1943年9月30日までは阪神急行電鉄、1943年10月1日~1973年3月31日までは京阪神急行電鉄、1973年4月1日~阪急電鉄です。

ご指摘ありがとうございます。会社名の変更ですね。修正しておきました。

まつながさん初めまして。
 いい企画で楽しませてもらいました。
 大映スターズ、東急フライヤーズ、なつかしいです。そういえばトンボユニオンズという、すぐ飛んでいきそうな身軽な球団もありましたね。

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2004年11月 3日 00:13に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、日本時事ネタをご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「文章の分類表」です。

次のブログ記事は「木村剛の「マスメディアへの対抗意識」は時代錯誤。中越地震マスゴミ批判記事を検証する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。