ブログ五紙に認定(笑)附:表と裏/エキサイトブログニュース

 出会い系オタで有名な栗先生から「ブログ五紙」に認定されました(´ー`)y-~~

ちなみに「ブログ五紙」とは今作った言葉で、紙面の都合上略称で敬称略だと、極東、絵文録、ARTIFACT、隊長loves木村剛の五つを指すといわれています。いずれも下手にトラバっくれたりコメントしたりすると長文が返ってきて大変なことになりそうな怖い人たちです。

 うしし(´ー`)怖いぞー(´∇`)怖いぞー

 つーか、「五紙」はどれも長文系かつ構いたがり、扱うジャンルは広めだがビジネスには直結しない、独自観点のはっきりしているブログという感じかなあ。で、隊長×木村剛はすでにカップリング決定なのね?わらい。

2004年12月26日12:11| 記事内容分類:ブログ/ウェブログ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(2) | トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

長文系ブロガーは裏日記を書きたがる?

 この「五紙」では、木村剛氏を除いて、いずれも「メインブログ」に対する「裏日記」「メモ帳」的位置づけのサブブログがある。うち三つがはてなダイアリーというのは「書き飛ばしやすさ」において優れているからだろう。栗先生ももう一つブログがあるが、これもクリップ的なブログという感じだ。

 表と裏でモードが違ったりするのはごく普通ということで。いけね、今回の口調は裏の方だった。まいいか。

エキサイトブログニュースの話

 ブログニュースについての栗先生のコメント

あ、そうだ、複数筋から聞くところによりますとエキサイトさんのブログニュースってあんまり盛り上がってないそうですね。で、こんなにブログニュースを取り上げてリンク貼りまくってるのは自分ぐらいだと思うんですよ。スタートページもここですし(笑)ですのでいい加減エキサイトさんの方も認めるべきだと思うんですよね、うちを。そんなことを感じました。

 エキサイト「ニュース」だから、自分の体験がメインコンテンツのはずの栗先生は厳しいのかなと思いつつ、ご協力サイト一覧を見るとあまり厳密でもない感じ。あ、話題がアダルト系と認識されてるのかも!

 でも、盛り上がってなさそうでいて、案外ブログニュースからの来訪者もいたりする。個人ニュースサイトに取り上げられないエントリーだと、ブログニュースからの来訪者が一番多かったり。

追伸

 一年前と比べて、栗先生は2ちゃんねる臭さが完全に抜けたと思います。わらい。

 つーか栗先生は出会い系で女の子を口説くだけでなく、そのテクを応用してブロガーを口説き落とそうとしてるのではないかと思ったけど、あえて釣られてみました。「怖い~」とか強調するのも「怖くないよ」という反応を誘う餌ですか!うしし。つーわけで「長文が返ってきて大変なことに」してみました。関係ないけど「絵文録」は「ウェブログ」の音写かつ意訳の普通名詞のつもりだったのだけど、もはや固有名詞化してるのか。残念だ。

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2004年12月26日12:11| 記事内容分類:ブログ/ウェブログ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(2) | トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(1)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/323

ところで、新聞五紙って、読売・朝日・毎日・日経とあとひとつは 産経か東京・中日の... 続きを読む

コメント(2)

こちらでははじめまして。ビビりました(笑)
さて「絵文録」の件ですが、特にそこまで意図したものではないです。修正いたしました。
それと、「エキサイトさんの方も認めるべき」というのは…ブログニュースに登録してほしいという意味ではなかったのですが、そうとしか読めないですね。

恐縮しすぎてなんだかわからないですが、今後ともよろしくお願いします。と、とりあえず紳士的な書き込みをしておきます(笑)

最近では、裏日記の他にSNSにおける日記などもありますけれども、その辺はどう位置づけたら良いのでしょうか。
オープンorクローズドあたり?
しかし、SNSも会員数が増えるともはやクローズドではなくなるような気がします。

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2004年12月26日 12:11に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、ブログ/ウェブログをご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「木村剛「転載こそネット流」理論は完全に破綻――隠された「安倍ぬすみ主義ジャイアニズム」」です。

次のブログ記事は「ことのは流「今年の重大ニュース」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。