姓名判断的に「堀江貴文」「株式会社ライブドア」はよくない。「ほりえもん」「エッジ株式会社」を推奨

 実は私は姓名判断をけっこう研究しています。日本の流派は大体一通り見たと思いますし、中国での姓名判断や測字についての書籍なども渡航するたびに仕入れて読んだりしていたり。

 日本の姓名判断にもいろいろな流派がありますし、独自性を出そうといろいろ工夫しているようです。画数の数え方だけでも諸説紛々という状態ですが、自分なりに「このへんが妥当かな」と思えるものを一応見つけています。

 さて、ホリエ鬼門…運命研究家・源真里さん緊急鑑定:ZAKZAKという記事が出ました。ここに書いてあることは私の流儀と非常に近いので、「20代まずまず、30代波乱多し、晩年コケたら悪運重なる」というのは正しいと思います。

 もう一つ言うと「株式会社ライブドア」も画数は最悪。

 しかし、そんなふうにいうだけではかわいそう。改善策として、「ほりえもん」を通称名にして通し、「エッジ株式会社」に社名を戻すことを提案します!

2005年3月12日16:30| 記事内容分類:日本時事ネタ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(9) | トラックバック(0)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

 画数の数え方には、普段使っている文字や常用漢字字体で数える「日常派」と、旧字体に基づいて数える「旧字体派」、さらに旧字体でも特別な数え方(たとえばサンズイは3画ではなく、水だから4画と数える)という「特殊派」があります(派の名称は今勝手につけた)。私の研究では、「特殊派」が妥当と思われます。これは熊崎健翁という日本の姓名判断の開祖みたいな人の流れを汲むものです。

 さて、上記ZAKZAK記事の源さんも私と同じく特殊派の数え方をしているようですね。というのは、「江」+「貴」を6+9=18ではなく7+9=19としているから。つまり、江のサンズイを3ではなく4と数えているわけです。

 ですから、堀江さんの名前は「日常派」の流儀で数えるとものすごく強運、努力(18)と富貴繁栄・強運(16)を持ち合わせた帝王(33)ということになるのですが、残念ながら画数違い。「特殊派」流に数えると、富貴繁栄・強運(16)でありながら波乱・孤独(19)であり、晩年は崩壊しかねない(34)ということになります。

 一番重要なのはこの「19」の部分と総画「34」で、本質的に持っている強運のおかげでこの波瀾万丈・孤独な人生を乗り切っていると思われます。また、源さんも指摘するとおり、外画「15」は周囲の人たちを巻き込んで事業を達成できるという数字。これは日常派の数え方でも変わりません。

ホリエモンとほりえもん

 さて、この本名はどうしてもまずいとしたら、通称名でカバーすることを考えればいいでしょう。すでに通っているのは「ホリエモン」「ほりえもん」で、Google検索ではカタカナの方がよく使われていますが、これを姓名判断してみました。ただし、姓・名の区別がないので総画のみによる判断です。

  • ホリエモン……14画 不安定の大凶
  • ほりえもん……15画 事業達成の大吉

 というわけで、堀江さんは(もし姓名判断を信じるなら、ですが)「ほりえもん」を通称名として使うことで本名の凶画を乗り越えることができるかもしれない、という結果になります。

ライブドアを占ってみる

 「株式会社ライブドア」でいってみましょう。総画50は小凶、主格10は病弱不運型、地格13はラッキーな大吉、外格40は見栄っ張りの破滅型で最大凶。

 つまり、「ライブドア」という部分だけはいいのですが、株式会社の名称としてはあまりよろしくないということになります。運だけで綱渡りというか。

 旧名「株式会社オン・ザ・エッジ」の場合、総画58は吉、主格11は大吉、どちらもラッキーさを表わします。地格(オン・ザ・エッジ)部分は甲斐性のある21画。外画も天の恵みが得られる47画で、もうこれは申し分なくいい社名ですね。その前の有限会社時代は総画62が小凶の中途半端型なので、株式会社にしてよかったといえます。

 その後、「エッジ株式会社」に改名していますが、総画48は大吉、主格15は事業達成の大吉、「エッジ」の部分も11で大吉。外格33は帝王型の強運。オン・ザ・エッジ時代よりもさらに強力になっています。

 私ならば即座に「エッジ株式会社」に社名を戻すところですが……。

 以下、★3つを「可もなく不可もなく」ということで評価してみると、

  • ★★☆☆☆ 有限会社オン・ザ・エッジ
  • ★★★★☆ 株式会社オン・ザ・エッジ
  • ★★★★★ エッジ株式会社
  • ★☆☆☆☆ 株式会社ライブドア
  • ★★☆☆☆ 堀江貴文
  • ★★★★☆ ほりえもん

 というわけで、外野のインチキ姓名判断師は「エッジ株式会社」「ほりえもん」を強く推奨します!笑

※姓名判断が非科学的とか云々という批判をされても一切無視しますのでよろしく。

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2005年3月12日16:30| 記事内容分類:日本時事ネタ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(9) | トラックバック(0)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(0)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/363

コメント(9)

おもしろい~
 いつも愛読しています。
 ところで…
「ホリえもん」だと、どうなんでしょうか?
 よろしくお願いいたします。

「ホリえもん」は「ホリエモン」と同じ14画になります。

「ドラえもん」みたいで可愛い

なるほろ。
>「ホリえもん」は「ホリエモン」と同じ14画
 そりゃそうでしたね(^_^;)
 ありがとうございました。

私も姓名判断には信憑性があると思っています。
言霊の力っていうのもありますよね。
実はこのH・Nも姓名判断でつけたものだったり(^^;
もちろん松永さん同様に私も『特殊派』の信奉者です(笑)

今回のほりえもんの姓名判断、大変興味深く拝見させていただきました。
このエントリを読めば読むほど強く思ったのですが、「力也」の例もありますし、堀江氏には通称名を「ほりえもん」にすることを私も強く提案したいです(笑)絶対に運命変わるのに~☆
これだけメディアに登場するようになって、名前を呼ばれる機会も増えたわけですから、余計にそう思います。
老婆心かもしれませんが(苦笑)

どうもはじめまして。
私も自分で勝手に姓名判断やってます。(ベースは鹿島さんのものですが)
画数の数え方は本当に諸説あって、それによってまったく吉凶が変わってくるので、なかなか大変ですよね。

ふとした疑問。
サンズイを3画ではなく水だから4画と数えるなら、ひらがなやカタカナも元となった漢字の画数で数えるべきではないのでしょうか?

はじめまして、
googleで全然関係ないことを検索しているときに偶然見つけたのですが、1年近く前に今回のLDの一件を予想していたと言うことでしょうか? 驚きです。
東京地検の今後の捜査で明確になる事実と、その後の裁判の経過・結果で堀江氏の生き方も変わってくるのでしょうが、その後の姓名判断がどうなるのか興味のあるところです。

同じような記事でこのようなサイトもありました
ライブドアと堀江貴文・姓名判断・命名・改名・幸せ!姓名判断
http://www.f-cc.com/seimei/smple3.html

堀江00、村上00、法律と言うワナに・・出る杭は打たれた。
こんなに夢の持てない国なら

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2005年3月12日 16:30に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、日本時事ネタをご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「[バ科事典]日本について外国人はこう思っている!(かもしれない)」です。

次のブログ記事は「中国民族主義者と日本民族主義者の「舌戦」お流れに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。