中国人でも日本人でも、自称「愛国者」が「売国奴」となって利敵行為を行なう構図

同大使館によると、10日ごろから大使館や大阪、長崎の総領事館への脅迫電話や手紙などの嫌がらせが急増。

 その結果がこうである。

 中国のデモが、整然としたデモなら日本側は何も言い返せなかっただろう。しかし、その中に暴力行為に出る馬鹿者がいたため、そのデモの正当性が損なわれ、印象を悪くしている、ということはよく理解されることと思う。

 実は中国の愛国者サイトでは、これらのデモで暴動など過激な行為をとる者は日本の手先だというようなことも書かれているほどである。実際に日本が送りこんだとは思えないが、そういった者たちが少なくとも結果的には中国人にとって「利敵行為」を行なっていることは間違いない。

 それは、日本でも同様である。何が利益で何が利益でないかを理解できず、中国大使館・総領事館に嫌がらせをするようなレベルの低い馬鹿者どもは、言うまでもなく「利敵行為」に走っている。彼らこそが文字通りの「売国奴」なのだ。

2005年4月18日08:17| 記事内容分類:中国時事ネタ, 政治学| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

つーか、不覚にもアホな2ちゃんねらーに思わず笑った。お前ら何しとんねん(笑)

DQN日記(++)(2005-04-16)vipper vs しなちゃんねる

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2005年4月18日08:17| 記事内容分類:中国時事ネタ, 政治学| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(1)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/386

「愛国反日教育の弊害」「若いインターネット世代の出現」「国内社会矛盾のガス抜き」などなど、日本のマスメディアは反日デモの背景分析として、これまでもさんざん言われたような... 続きを読む

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2005年4月18日 08:17に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、中国時事ネタ政治学をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「ブログとページビュー(またはエキサイトブログニュースで上位に食い込む方法)」です。

次のブログ記事は「中国の巨大反日サイト「中国918愛国網」の声明「抗議デモは日本の民衆ではなく政府と右翼へのもの」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。