胡錦濤○中国の新皇帝は分離独立運動鎮圧のプロ。日本にとって手強い相手だ(アスキー・ドットPC連載「電脳で[な~るほどねぇ]人物伝」)

 アスキードットPC6月号から「松永英明の電脳で[な~るほどねぇ]人物伝」の連載が始まりました。

 第1回は胡錦濤。原稿を書いたときには反国家分裂法の話題が出ていたので、今後の胡錦濤路線を探ってみたわけですが、今の反日デモに対する胡錦濤の姿勢も分析を間違っていなかったようでホッとしてます(笑)

アスキー.PC (アスキードットピーシー) 06月号 [雑誌]
アスキー.PC (アスキードットピーシー) 06月号

以下、少しだけ補足しておきますね。

2005年4月24日14:21| 記事内容分類:中国時事ネタ, 告知(出版物など)| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(2)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

 今回の反日デモについて、政治的な部分を極めて単純化して描くと、

  • 江沢民(前主席):反日教育で反日・愛国に火を付けてきた
  • 胡錦濤(現主席):反日運動や憤青の火を必死で消そうとしている

 胡錦濤が反日デモを認めない方針を固めた事実はこの対立をよく示しているといえます。

 どこで見かけたか忘れましたが、「胡錦濤は江沢民路線を受け継ぐ後継者(だから反日を進める)」というように書かれているサイトがありました。これは大きな間違いであります。実際には、中国2代目の権力者・鄧小平が、3代目=江沢民、4代目=胡錦濤の二人を事前に指名しており、江沢民が自分の後継として自派から選んだわけではありません。

 そして、これは連載記事の方にも書いたとおり、江沢民と胡錦濤の政治手法はまったく異なっており、胡錦濤は反日などという役に立たない遠吠えに頼るつもりはまったくないのです。

 胡錦濤がどういう人物か。それを知らずして現在の日中関係問題を論じることはできません。

アスキー.PC (アスキードットピーシー) 06月号

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2005年4月24日14:21| 記事内容分類:中国時事ネタ, 告知(出版物など)| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(2)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(2)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/392

インターネットは、民主主義を発展させる強力なツールなんだと素朴に思っていた。直接民主制が実現したり、伊藤穣一氏が提唱する「創発民主制」(pdf)という概念に表さ 続きを読む

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2005年4月24日 14:21に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、中国時事ネタ告知(出版物など)をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「初代国家情報長官は、インターネットタイムの提唱者MITメディアラボ所長ニコラス・ネグロポンテの兄だが、黒い過去を持つ人物」です。

次のブログ記事は「ボイスブログはじめりです!「詠聞録ことのはレイディオ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。