「絵文録ことのは」のトラックバック・ポリシー

トラックバック・ポリシーを総合的に明記することにしました。詳しくは次のエントリーで。

2005年5月24日12:07| 記事内容分類:ブログ/ウェブログ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(4)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

「絵文録ことのは」のトラックバック・ポリシー

基本

  • このサイトへのトラックバックは、原則フリーですが削除することもあります
  • トラックバックは関連記事からであればうれしいです
  • 内容に関係があってリンクもしている記事からは、トラックバックを遠慮せずにできるだけしてほしいです
    • 2ちゃんねるでウォッチする場合もトラックバックを打ってくること。ない場合は「批評」ではなく単なる陰湿な陰口と見なす。ただし、自分で所在を確認後は消すこともある。
  • ここで挙げたポリシーは自分自身にも当てはめます。自分が消すようなトラックバックは他人に送信しません

礼儀・挨拶

  • トラックバックする前に事前連絡はしないでください
  • 知らない人にいきなりトラックバックを送るのはごく当たり前のことです
  • トラックバックをする場合に事前に許可を求める必要はありません
  • トラックバックをしましたとコメント欄に書かないでください
  • トラックバックをいただいた場合、相手記事にコメントをしません
  • トラックバックへのトラックバック返しはしないでください
  • トラックバックを受けたとき、トラックバック返しはしません
  • こちらからのトラックバックに対する挨拶やお礼はしないでください
  • 多重トラックバックの削除依頼はしないでください

削除対象

  • 当方が受けたトラックバックは削除することがあります
  • texas holdemなどの機械的・大量のトラックバックspam広告は削除します
  • 内容は関係がなく、当方へのリンクのない記事からのトラックバックは削除して、トラックバックポリシーからトラックバックします
  • 内容は直接関係ないが、文中で参照リンクの貼られている記事からのトラックバックは削除することもあります
  • 内容は関連しているが、当方へのリンクのない記事からのトラックバックは削除せずトラックバック返しをします
  • 内容が関連しており、当方へのリンクのある記事からのトラックバックは歓迎します
  • 当方へのリンクはあるが、一行コメントなど情報料があまりにも少ない「うなずき系」記事からのトラックバックは削除しません
  • 当方へのリンクだけで、まったくコメントのない記事からのトラックバックは削除することもあります
  • 当方へのリンクがなく、誹謗中傷など悪意ある記事からのトラックバックは削除します
  • 当方へのリンクがあるが、誹謗中傷など悪意ある記事からのトラックバックは削除することもあります
  • 当方へのリンクがなく、反対意見・反論が書かれている記事からのトラックバックは削除せずトラックバック返しをします
  • 当方へのリンクがあるが、反対意見・反論が書かれている記事からのトラックバックは削除しません
  • 当方へのリンクがなく、こちらからトラックバックやコメントをつけられないサイトからのトラックバックは削除します
  • リンク元サイトの性質によってトラックバックを削除することがあります。※削除するサイトの性質{アダルト/エロ/グロ/モロ/ゴッゴル等SEOコンテスト/その他}
  • こちらの記事内からのリンクがあるにもかかわらずトラックバック返しされた場合、削除します
  • 匿名の人のブログからのトラックバックはそれだけの理由では削除しません
  • 人気ブログランキングへ誘導している記事からのトラックバックは削除基準を厳しくします
  • トラックバックのエラーによる重複は削除することもあります
  • トラックバックツールが原因でサイトの表示が乱れる場合は削除することもあります
  • トラックバック元にアクセスできない場合は削除します
  • 商売サイトからの宣伝トラックバックは削除します
  • アフィリエイトが主たる目的のサイトからのトラックバックは削除することもあります
  • その他、管理人が削除しようと思ったという理由以外の理由なく削除することがあります
【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2005年5月24日12:07| 記事内容分類:ブログ/ウェブログ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(4)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(4)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/411

無料ブログでビジネスブログ - トラックバック再考 (2005年6月 9日 17:35)

「ブログの誕生」で、その誕生のお手伝いをさせていただいた、マツヤマ★ブログ。  本当に時間がなかったので、作るところまでしかお手伝いできず、トラックバックとか高度な(^^... 続きを読む

世界の半分〜最果ての定点観測所 - トラックバックのポリシー (2005年8月15日 00:20)

最近トラックバックSPAMもなくなって、ほっと一息という感じなので、当サイトのトラックバックポリシーをまとめてみた。 ○基本 ・このサイトへのトラックバックは、原則フリーで... 続きを読む

もともとは、J-POP FAN SITEという、J-popアーティスト系のホーム... 続きを読む

http://www.kotono8.com/2005/05/24trackback-policy.html#comments コレ読んで、なんだかわか... 続きを読む

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2005年5月24日 12:07に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、ブログ/ウェブログをご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「「ヨハネ・パウロ2世」対話型コミュニケーションツールとして新メディアに関心を注いだ教皇(連載第2回)」です。

次のブログ記事は「トラックバック・ポリシーを作ろう。ルールやマナーに悩む人のための作成ガイド」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。