「豆乳組」(www.tonyu.net)、満を持して登場

あけましておめでとうございます。

以前からやるやると言っていてなかなか公開できていなかった、豆乳情報ポータルサイト「豆乳組」ウェブサイトを、元日の今日、公開いたしました。豆乳ファンの方もそうでない方もよろしくお願いいたします。

2006年1月 1日23:48| 記事内容分類:更新・お知らせ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(1) | トラックバック(0)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

mixiコミュニティ「豆乳組」のあゆみ

  • 2004年03月05日 松永、mixiに登録。id=916
  • 2004年04月03日 思い立って何となく「豆乳組」コミュニティを作る。
  • 2004年夏ごろ だんだん会員も増えてきたので、豆乳ポータルサイトを作れば需要があるはずだとにらんで構想を立て始める。
  • 2005年02月01日 神田の豆乳カフェissaの店長さんが「神田で豆乳カフェをやってます」スレッドを立てる。
  • 2005年04月21日 松永、初めてissaに行く。
  • 2005年07月02日 初の「豆乳組」オフ@神田の豆乳カフェissa。以後、毎月定例となる。
  • 2005年12月20日ごろ コミュニティ登録者数3000人突破。
  • 2006年01月01日 ウェブサイト「豆乳組」公開。

 もともと「好きな飲み物は豆乳」(とくに成分無調整派)って人なので、このコミュニティを立ち上げたのは自然な勢いだった。それが3000人の大所帯になったのは完全に「想定外」。ここまで人気があるとは思わなかった。

 すでにmixiで豆乳ファンのつながりができているので、オープンなウェブサイトで情報を公開すれば、有益なものとして活用してもらえるだろうと思う。

サイト構築

 表紙はSerene Bach、コラム部分(と、これから作る豆乳ウェブショップなど)はMovable Typeで構築。テンプレートは、sb&MT共通テンプレートを公開している小粋空間さんのものを土台に修正中。

 表紙=ブログ(ニュース)としたが、やはり時系列順に次々と全記事を読んでもらうには、Serene Bachは使いやすいような気がする。また、ポータルサイトの表紙そのものをブログにすることで、表紙をブックマークしてもらえる効果を狙った。変化のない表紙と、常に更新されているブログが別々だと、たいていはブログしかブックマークしてもらえない傾向にある。うちのメインブログとかもそうだし。

 コラム部分なんかは普通はDreamWeaverとかでHTMLを組んでアップするものなのだろうけど、もうそれが面倒くさすぎる。それで、CMSとしてMovableTypeを活用。カスタマイズのしやすさがMTのメリットだ。時間要素は表示させず、単純に「並べ替え順」として利用。

 これが一段落したら、小粋空間さんに許可をもらって、この豆乳組のテンプレートを公開してみようかと思っている。特に、ウェブショップ(アフィリエイトサイト)を作るのに役立つだろうから。というか、これ、情報商材にして売ったら3万円くらい取れるんだろうけどな(笑)、もちろんやるとしたら無料で公開します。ただし、ノークレームノーリターンで。間違い指摘以外の質問は受け付けないようにして。

 あ、あと掲示板設置しないといけないな。また、あめぞう掲示板の血を引く「三河版」をいじるか。これを改造した「楽坊版」で「テーブルデザイン全撤去、CSSデザインバージョン」は一応できてるわけなんで、これもまた公開(配布にあらず)するかもしれない。横レス機能がなかなか秀逸です。

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2006年1月 1日23:48| 記事内容分類:更新・お知らせ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(1) | トラックバック(0)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(0)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/490

コメント(1)

豆乳組の立ち上げ、共にお慶びいたします。:-)

それにしても凄い…
(豆乳人気も凄いですが

#参考にさせていただきます。
 今後共、宜しくお願いいたします。:-)

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2006年1月 1日 23:48に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、更新・お知らせをご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「戦略思考の本質を探る二冊――しかし戦略思考を超える必要もある」です。

次のブログ記事は「サブディレクトリとサブドメインの使い分けについての実験」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。