「デスノート=死亡筆記本」DEATH NOTE 日中対照ノート

 2月にあまり更新できなかったので、たまっている小ネタを出します。今回はデスノートの中国語訳。

2006年3月 2日19:05| 記事内容分類:中国時事ネタ, 書評| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(6) | トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

 古い話で申し訳ないが、去年の7月に台北に行ったとき、日本の漫画雑誌の中国語版がコンビニにあったので、2冊ほど買ってきた。

jump.jpg magazine.jpg

 1冊は「週刊宝島少年」で、集英社・週刊少年ジャンプの正式版権取得中国版と書かれている。もう1冊は「月刊少年漫画」で、こちらは講談社からの正式版権取得版。おもしろいことに、どちらも台湾側の出版社は「東立出版社有限公司」である。よりによって、集英社と講談社が台湾ではコラボレーションしているわけだ。

 これが台湾のセブン・イレブンやファミリーマートやサークルKで販売されている。

 さて、「月刊少年漫画」の方にもガンダムSeed Desteny(機動戰士鋼弾Seed Destiny)やサクラ大戦漫画版(櫻花大戰漫畫版)などが載っているのだが、日本版をちゃんと読んでいないので対比できない。

 今回は、「週刊宝島少年」の方から、日本語版もしっかり読んでいる「デスノート」の日中訳語対比を一覧にしてみた。

 台湾で買ってきたのは、単行本8巻収録の66話、死神シドウが人間界に下りてきた回である。そのため、人名もその周辺に限られるが、この回は盛りだくさんなのでこれでもけっこう役に立つだろう(何の?わらい。なお、リュークだけ他で調べた)。

deathnote.jpg
一コマだけ引用。雰囲気がわかりますか?

 なお、漢字名がある人物はそのままなので(夜神月が夜神月というように旧字体になる程度)、ここではいちいち取り上げない。それから、フォントの都合で繁体字の字体で出ないものがあるが、その辺は目をつぶってください。

タイトル・作者名

  • デスノート→死亡筆記本
  • 大場つぐみ→大場鶫

人物名など

  • キラ→奇樂
  • L→L(アルファベットもそのまま)
  • ワタリ→渡
  • ロジャー→羅傑
  • ニア→尼亞
  • メロ→梅洛
  • ラリー・コナーズ→頼利・柯納茲
  • メイスン長官→梅森長官
  • ガードナー→卡多納
  • ラット→拉特

地名

  • イギリス ウィンチェスター→英國温徹斯特
  • ワイミーズハウス→華米之家

死神名

  • リューク→路克
  • レム→雷姆
  • シドウ→席多
  • ジャスティン(宝石骸骨)→寶石骸骨

アサマシリンク

DEATH NOTE 10 (10)
集英社
大場 つぐみ(著)小畑 健(イラスト)
発売日:2006-02-03
Death note (9)
集英社
発売日:2005-12-02
DEATH NOTE (8)
集英社
発売日:2005-09-02
おすすめ度:3.57
DEATH NOTE (7)
集英社
発売日:2005-07-04
おすすめ度:4.51
DEATH NOTE (6)    ジャンプ・コミックス
集英社
発売日:2005-04-04
おすすめ度:4.19
DEATH NOTE (5)    ジャンプ・コミックス
集英社
発売日:2005-02-04
おすすめ度:4.21
DEATH NOTE (4)
集英社
発売日:2004-11-04
おすすめ度:4.6
DEATH NOTE (3)
集英社
発売日:2004-09-03
おすすめ度:4.58
DEATH NOTE (2)
集英社
発売日:2004-07-02
おすすめ度:4.57
DEATH NOTE (1)
集英社
発売日:2004-04-02
おすすめ度:4.49

さらにおまけ

ほんの少し引用させてください。DEATH NOTE 第3巻126ページより。

kila.jpg

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2006年3月 2日19:05| 記事内容分類:中国時事ネタ, 書評| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(6) | トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(1)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/507

「デスノート=死亡筆記本」DEATH NOTE 日中対照ノート [絵文録ことのは] http://kotonoha.main.jp/2006/03/02d... 続きを読む

コメント(6)

すいません、素朴な疑問なのですが
台湾の本が中国に輸出されるとは考えられないので
台湾版を中国版と言ってしまうのは正しく無いのではないでしょうか?
あえて中国というのなら「国連に加盟していない方の」中国?

あ、すいませんよく読んでませんした
忘れてくださいっ(;´Д`)

ちゃんと中国 語版って書いてますね
すいません。(ハズカシィ

デスノート11巻の発売日おしえてください

好作品

我覺得DEATH NOTE真的很好看喔!
一開始.我在電腦上看到DEATH NOTE這字.我非常的好奇.怎麼會有這種書呢?
我一按下.看到DEATH NOTE的畫面.第一眼看的最明顯的是 夜神月and 路克
他們兩.從那天起.我就開始看 DEATH NOTE

wa-----------すげー

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2006年3月 2日 19:05に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、中国時事ネタ書評をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「「きっこの日記」についての松永の分析のまとめ」です。

次のブログ記事は「「ランキングサイト」が大嫌いな理由」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。