OpenPNE v2.4.3をhetemlサーバーに設置

個人でも企業でも自前のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を設置できるオープンソースのOpenPNEを、hetemlレンタルサーバーに設置することに成功したので、その設定等をメモしておきます。ただし、このSNSは設置しただけで、一般公開していません。

2006年11月 7日09:29| 記事内容分類:ウェブツール| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(1) | トラックバック(0) タグ:OpenPNE, SNS, サイト構築, サーバー|
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

状況

paperboy & co.社のレンタルサーバーhetemlにて。

手順

OpenPNEを手に入れる

  1. OpenPNEダウンロードページから最新版をダウンロードする。developは開発版、stableは安定版。今回は安定版2.4.3を使用した。
  2. ダウンロードしたファイルを解凍する。
  3. 解凍したファイルの中のsetup/OpenPNE_Setup.htmlファイルをブラウザで開くと、OpenPNEセットアップガイドが読める。ウェブ上のOpenPNEドキュメントにある「公式セットアップガイド」は古いバージョンのことがあるので注意。

heteml側での設定

  1. 今回はsns.nantara.net(←ダミー)のようなサブドメインに設置することにした。
  2. hetemlのコントロールパネルにログインして、[ドメイン関連]→[サブドメイン]で「新規作成」→サブドメイン:sns、ディレクトリ名:sns/と入力して、設定。反映されるまでに1時間ほどかかる。もちろん、サブドメインではなく、www.nantara.net/snsのようなサブディレクトリでもかまわないのだが、その場合は下記のURLを読み替えること。
  3. 同時にデータベースを作っておくといいだろう。同じくコントロールパネルの[ウェブ関連]→[データベース]に入り、データベースの作成を行なう。ここでパスワードを設定するので忘れないこと。
  4. サーバー名、データベース名、ユーザー名が表示される。これを記録しておいて、管理ページ「phpMyAdminの画面へ」のリンクからphpMyAdminに入る。
  5. phpMyAdminの左フレームにいくつかアイコンが並んでいるが、そのうち「SQL」というアイコンをクリックする。すると新しい窓が開く。
  6. 新しく開いた窓の上のタブから「インポートファイル」をクリック。
  7. 「テキストファイルの場所」で「参照」ボタンを押し、先ほど解凍したOpenPNEファイルの中から「setup/sql/install/install-2.4-create_tables-mysql40.sql」を選び、「実行する」ボタンを押す。2006年11月7日現在、hetemlのMySQLのバージョンは4.0である。
  8. うまくいったら、次は同じく「setup/sql/install/install-2.4-insert_data.sql」を実行する。この二つの順番は間違えないこと。
  9. あといくつかファイルがあるが、とりあえず放置した。上位機能が必要なら設定しないといけないが。

ファイルのアップロード

  1. FTPソフトなどで、解凍したファイルの一部をアップロードする。でも、全部一気にアップロードしないこと。
  2. まず、bin, lib, var, webapp, webapp_biz, webapp_extの各ディレクトリをsnsサブディレクトリの下にアップする。ファイル数が多いので時間がかかる。気長に待つ。
  3. アップロードできたら、セットアップガイドにあるとおりにパーミッションを設定する。指定されていないものは何もいじらなくていい。
  4. 次に、public_htmlディレクトリの中身を、snsサブディレクトリの下にアップする。
  5. 現時点で、snsディレクトリの中はこんな感じになっているはずである(サブディレクトリは省略)
    • bin/
    • cmd/
    • css/
    • flash/
    • img/
    • js/
    • lib/
    • modules/
    • skin/
    • var/
    • webapp/
    • webapp_biz/
    • webapp_ext/
    • cap.php
    • config.inc.php
    • do_normal.php
    • img.php
    • index.php
    • ktai_normal.php
    • ktai_page.php
    • normal.php
    • page.php

設定ファイル

  1. ルートのconfig.inc.phpの中身を編集する。ここでのフルパスは契約によって違うので、各自書き換えること(users00/n/a/n/nantara/の部分)

define('OPENPNE_DIR', realpath('/home/sites/heteml/users00/n/a/n/nantara/web/sns/'));

require_once OPENPNE_DIR . '/config.php';

  1. 解凍したファイルのルートにconfig.php.sampleというファイルがあるので、以下の設定を入れてからconfig.phpにファイル名を変更して保存する。もちろん各自の設定に合わせること。
// Web上の絶対パス(URL)(最後にスラッシュを付けてください)
define('OPENPNE_URL', 'http://sns.nantara.net/');
// DBサーバ設定
$GLOBALS['_OPENPNE_DSN_LIST']['main'] = array(
'dsn'  => array(
    'phptype'  => 'mysql',
    'username' => '_nantara',
    'password' => 'nantarapassword',
    'hostspec' => 'mysqlx.heteml.jp',
    'database' => '_nantara',
    'new_link' => false,
    ),
);
// DB暗号化キー(56バイト以内のASCII文字列)
define('ENCRYPT_KEY', 'nantarakantara');
    • 「メールサーバードメイン」の設定は今回パスした。レンタルサーバーではここを設定しづらいと思う(いい方法があったら教えてください)
  1. 保存したconfig.phpを、snsディレクトリにアップする。

起動

  1. セットアップガイドの「5. セットアップモジュールの実行」以下、書いてあるとおりにやってください。
  2. セットアップ完了。
  3. sns.nantara.netにアクセスすれば普通にログインできるはず。
  4. 管理ページのURLは、設定変更しなければsns.nantara.net/?m=admin。

以上の設定でできないこと

  1. OpenPNE側でメールを受信して行なう作業。携帯からの登録、携帯からの写メつき日記の投稿など。
  2. cronによる自動配信メール。
  3. SSL通信

ここでできないと書いたことが「できるよ」という方はぜひご教示ください。

参考サイト

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2006年11月 7日09:29| 記事内容分類:ウェブツール| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(1) | トラックバック(0) タグ:OpenPNE, SNS, サイト構築, サーバー|
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(0)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/538

コメント(1)

参考にさせていただきました。
バージョン2.10.1ですが、ディレクトリ構成が若干違うものの
問題なく設置できました。
ありがとうございます。

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2006年11月 7日 09:29に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、ウェブツールをご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「1ページでわかる日本型ドロップシッピングとは(ドロップショッピングではありません)」です。

次のブログ記事は「第5回文学フリマに参加します」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。