クリスマスは非キリスト教的起源を持つ

 クリスマスの起源について、以前やっていたサイトのために書いた記事データが見つかった。読み返してみると、多少宗教性を除くように修正すれば使えそうなので、今回、ここに新版で公開することにした。

 当時は、何も考えずに楽しんでいる年中行事について、その宗教的起源を探り、さらにその歴史を見ることによって、本来の宗教的意義が大きく変化してきたことを明らかにしようという目的があった。

 しかし、現在は単に歴史を知るという観点からここに紹介することとする。まず第1話はクリスマスという言葉そのものの由来と、クリスマスという行事の歴史である。

2006年12月24日03:46| 記事内容分類:世界史, 宗教・神話学, 民俗学・都市伝説| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(1) | トラックバック(0) タグ:年中行事, 由来, 起源|
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

「クリスマス」という言葉

 古英語ではCristes masse(クリーステス・マッセ)である。

Cristes

 Cristesはいうまでもなく救世主(キリスト)のこと。

 もともとはヘブライ語のマシーアハ(massiah⇒メシア)のギリシア語訳 Χριστοs(クリーストス)から。「油を注がれた者」の意。古代ヘブライ国家で、王は即位の礼として頭に油を注がれた。従ってイスラエルの王を意味した。これが転じて、「イスラエルを救うために神が遣わすべき将来の王」の意味を持つようになる。キリスト教では、「人類の罪をあがなうために神が遣わした救い主」をクリーストスと呼ぶようになった。

masse

 masseはミサ(聖餐式)のこと。

 もともとはラテン語のmissa(「解散」)が語源。ミサの最後にIte, missa est ecclesia「行きなさい。集会は解散です」と言われたことから、「解散」という言葉がミサそのものを指すようになったという。

 このように「救世主の聖餐式」という意味を持つ「クリスマス」だが、周知のとおり、イエスがこの日に生まれたという事実はない。

イエスはいつ生まれたか

 聖書では、イエスが生まれた日、「その地方で羊飼いが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた」という記述がある。冬のイスラエルの寒さは厳しいので、冬に野宿をするわけにはいかない。したがって、イエスの出生は冬ではない。

 イエスの出生日には諸説あった。初期のキリスト教徒にとって、イエスの誕生日には関心がなかったらしい。3/28、4/2、4/19、11/8、11/18などがイエスの誕生日とされた記録がある。

 その後、1月6日が「主の公現」とされるようになった。

 ヨルダン川でのキリスト洗礼の日を1月6日として定め、Epiphania(神性の出現の意味、ご公現の祝日)として祝った。1月6日はまた人間の出現の日にも当たることになる。ローマ帝国ではシーザー暦以降、1月1日が一年の始まりとされていたが、初期キリスト教徒は1月1日を天地創造の日としていた。聖書によれば人間の創造は6日目に当り、人間の出現は1月6日ということになる。人間の誕生とキリストの神性の授けられた日を重ね合わせたこの日は、長い間キリスト教会によって教会暦の元日とされていたのである。(福嶋正純・福居和彦「クリスマスの習俗」広島大学総合科学部『地域文化研究』8号より)

 この時点では、1月6日はイエスが洗礼を受けた日となっている。そのとき救世主が世に現われたというわけだ。

 だが、「イエスは生まれながらにして救世主だった」という解釈が公式に採用されるに至って、イエスの生誕は1月1日とされるようになった。

 3世紀の神学者オリゲネスは「クリスマスを定めることは異教的である」と非難している。

 4世紀前半の教皇ユリウス1世(337-352)が「イエスの生誕(クリスマス)は12月25日である」と布告し、その後はキリスト教国全体で大々的に祝われるようになった。

「12月25日」は異教の祭を取り入れた

 それまでローマ帝国から弾圧されてきたキリスト教が、4世紀は逆転劇を演じる。313年にコンスタンティヌス帝がキリスト教を公認、392年にテオドシウス帝がキリスト教を国教化した。クリスマスが12月25日になったのはその中間の時期である。

 実は12月25日(前後)には、異教の祭日が重なっていた。布教拡大を狙うキリスト教は、異教の祭を自ら取り入れて利用しようとしたのである。

 当時、以下のような「冬至前後の祭」があった。

  • サトゥルナーリア……ローマ人の冬至の祭。12月17日~24日。農耕神サトゥルヌスの祭。常緑樹が飾られ、贈り物が交換され、どんちゃん騒ぎも行なわれた。ちなみに、サトゥルヌス(英語でサターン=土星)はサタン(悪魔)とは関係がない。
  • 不滅の太陽神……3世紀初めのヘリオガバルス帝(218-222)は不滅の太陽神ソル・インウィクトゥスの誕生祭を12月25日と定めた。
  • イシス祭……ギリシア・ローマでも崇拝されたエジプトの女神イシスの祭は冬至の時期に行なわれた。
  • ユール祭……ゲルマンの祭。12月の10~12日間。収穫祭・豊饒祭の性質を持つ。雄豚(豊饒神フレイの神獣)を供犠として捧げて食べた。現在も、クリスマスの季節をユールと呼び、北欧ではクリスマスに豚肉(ハム)を食べる。
  • ミトラス教……キリスト教最大のライバル宗教の最大の祭は、冬至祭ディエース・ナタリス・ソーリス・インウィクティ(「無敵の太陽の生誕日」)であり、これがまさに12月25日だった。これ以外にも、ミトラス教では太陽の日(ディエース・ソーリス)が聖なる日とされていたが、コンスタンティヌス帝はこれをキリスト教の安息日と合一させ、「日曜日は帝国の公の休日」と決定した。

 もしキリスト教が、なんらかの致命的な病によってその成長を止められていたならば、世界はミトラ信仰のものになっていたであろう。

(エルネスト・ルナン『マルクス・アウレリウス』)

 ミトラス教というのは、ペルシア起源の宗教で、生と死を司るミトラス神を救世主とする密儀宗教である。紀元前3世紀ごろに生まれて、小アジア(トルコ)で発展した。2世紀ごろにはローマ軍団を中心にローマ帝国のほぼ全域に広まった。ローマ帝国の国教として扱われたこともある。307年か308年には、ディオクレティアヌス帝が「帝国の恩人」ミトラス神に祭壇を捧げた。しかし、キリスト教を奉じるコンスタンティヌス帝が帝国を統一したので、ミトラス教は一時引き下がった。"背教者"ユリアヌス帝(361-363)はミトラス神の復活をもくろんだが、その死後、382年、グラティアヌス帝の勅令によってミトラス教は禁止された。こうして、ミトラス教は迫害され、消滅したが、その最大の祭はキリスト教の中に「クリスマス」として残ることになったのである。

 太陽が最も力を失う「冬至」。それは、太陽が復活し始める日でもあった。太陽神崇拝の冬至祭を強引にイエス・キリストの誕生日として祝うことにした結果、キリスト教は確かに異教徒を取り込むことに成功したが、それはまた、キリスト教の異教化(正確にいえば、イエスの説いたもともとの教えからの逸脱)を進めることにもなったといえる。

(2001.12.22.初出、2006.12.24.修正版)

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2006年12月24日03:46| 記事内容分類:世界史, 宗教・神話学, 民俗学・都市伝説| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(1) | トラックバック(0) タグ:年中行事, 由来, 起源|
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(0)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/556

コメント(1)

質問です。
1・クリスマスがヨーロッパに伝わったのはいつですか?ローマ帝国がキリスト教を国教化したときですか?
2・クリスマスの発祥地はどこですか?キリストの出身地のイスラエルはクリスマスを祝わないってきいたのですが・・・

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2006年12月24日 03:46に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、世界史宗教・神話学民俗学・都市伝説をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「今年読んだ本ベスト10@ことのは」です。

次のブログ記事は「サンタクロースと聖ニコラウスとコカコーラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。