携帯機種変更――お財布ケータイのデータを温存させる

 携帯電話の調子が悪いので、結局、買い換えることにした。幸いDoCoMoなので、本体さえ入手すれば、あとはFOMAカードを入れ替えるだけで機種変更できる。型落ち機種をオークションで入手し、新機種にしてみた。

 問題は、お財布ケータイである。SuicaとEdyを入れてあるのだが、この移行をうまくやらなければならない。

2007年2月16日22:36| 記事内容分類:機器| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(0) タグ:携帯, 更新|
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

これまでの松永の携帯

  • 最初のプリペイド携帯(詳細忘れた)
  • F503i フェアリーホワイト(~2004年7月20日:MOVA:富士通)
  • P505i ルミナスレッド(2004年7月20日~2006年1月3日:MOVA:松下)
    • ケータイ新製品SHOW CASE NTTドコモ P505i(ルミナスレッド)2003年8月8日発売
    • 仕事先に教えている電話番号を変えたくなかったのでDoCoMoから選ぶ。あまり機能にはこだわっていなかったが、たまっていたポイントで買えることと「赤色」に惹かれて購入決定。
    • ここで初めてカメラ付き携帯になり、購入翌日いきなりはてなに画像をアップしている。
    • また、Pシリーズの「ワンプッシュオープンボタン」にはまる。
    • ただ、Fシリーズとはキー操作がかなり違っており、かなりとまどった。これからは会社を変えないようにしようと決意。

右が2代目のP505i。左が3代目のP901is。

  • P901iS レッド×ディンプル(2006年1月3日~2007年2月15日:FOMA:松下)
    • ケータイ新製品SHOW CASE NTTドコモ P901iS(レッド×ディンプル) 2005年6月10日発売
    • これまでMOVAだったが、MOVAにはパケット定額の料金プランがないので、いわゆる「パケ死」を避けるためにFOMAに移行してパケホーダイコースへ。ケータイ族の世界に本格的に足を踏み入れる。
    • 前のP505iとできるだけ似たものを、と探しまくる。特に「ワンプッシュオープンボタン」はもはや必須になっていたので、Pシリーズ以外に選択肢がない。そして、赤色。
    • 同じ会社だからキー操作は似ているだろうと思ったが、実はFOMAではPはNと共同開発、というか中身は一緒。というわけで、MOVAのPとFOMAのPではキー操作がまるで違ってしまっていた。おいおい。
    • 入院中の唯一の外界との接点。しかし、ネックは電池。当初、入院は1か月くらいの予定だったので、ほとんど使うこともないだろうと思っていたのだが、緊急用の電池式充電器で充電していたら、どんどん電池がヘタっていってしまった。しかも、電池だと電圧が低いので(オキシライドを使っていたが、それでもきつい)、ついには電源が入らなくなってしまう。緊急用電池式充電器は、完全に電池切れになったら充電不可能なのだ。
    • さらに、電池式充電器を携帯に刺して使っていたため、外部接続端子がグラグラになり、最終的に壊れてしまった。そのため、ようやく自宅からACアダプタを持ってきたのに、充電がうまくいかないという事態に陥る。結局、入院して携帯を壊すハメになった。
    • さすがに1年も経たずに放棄する気はしないのでDoCoMoショップに行くと、修理に1週間から10日かかるという。そして、内部のデータも消えるかもしれないというので、あきらめて、別売り卓上ホルダを購入。これによって充電問題は一応解決。
    • それからなだめすかして使っていたが、どうもFOMAカードの調子が悪い。ときどき読み込まれないことがある。
    • FeliCa対応、つまりお財布ケータイ対応。最初のうちは使っていなかったが、一度使うとやみつきに。これもあって、うかつに機種変更できない。
  • P902iS レッド×クリムゾンドット(2007年2月15日~)

FOMAカード読み取りエラー

 もともと物持ちはいい方なので、なんとかなだめすかして使ってきたが、さすがに「通話中にFOMAカードが急に認識されなくなる」という症状が出たのでやばいと思い始める。特に、お財布ケータイが使えなくなると困る。

 そこで、人力検索はてなで聞いてみた。

FOMA(P901iS)で、頻繁に

FOMAカード(UIM)エラー

このFOMAカードは使えません

の表示が出るようになりました。電話中とか、i-modeページ閲覧中などに突然受信不能になります。

電源を入れ直すと、最初にエラーが出るときもありますが、それだけで復帰するときもあります。

FOMAカードが悪いのか、本体が悪いのか、どちらなんでしょう? FOMAカードの交換とか可能なんでしょうか? 携帯本体にはSuicaとEdyを入れてあるので、あまり本体をいじりたくない感じです。

 回答での結論は「DoCoMoショップに行け」。113で聞いてみてもやはり「DoCoMoショップに行け」という話だったので、20分ほど歩いてDoCoMoショップに行ってみた。

「外部接続端子が壊れてますね。実は、この部分は全体の基盤につながっているので、ここが不良だと全体に悪影響が出る可能性があるんです。修理しないとだめですね」

「カードが悪くなっている可能性はありますか?実は、World Walker海外携帯にFOMAカードを移すときになかなか読み込まないということがあったので……」

「それだとカードの可能性もありますね。でも、明らかにこちらが壊れてますから、放っておくと他にも影響が出る可能性があります」

「修理するとどれくらいかかりますか、時間と料金」

「2000円くらいで、1週間から10日くらいになります。データも一部消える可能性があります」

「その間、代理の携帯はありますか」

「それは可能です」

「データは大丈夫でしょうか。お財布ケータイ入ってるんですけど」

「それはお客様の方でデータを移行していただく必要がありますね」

「結構面倒くさそうですね。じゃあ、こういうのはどうでしょう。まず、今日はFOMAカードだけ変えてみて、それで様子を見て本体買い換えを検討するということで」

「それでもいいですよ。前回の機種変更から1年以上経ってますから、買い換えでポイントも使えますし」

 実際には、修理に出してデータが消えるくらいなら、オークションで新しい機種を探して安く買おうと思っただけなのだが。

 そういうわけでカードを変えてもらったらいきなりエラーが出なくなった。カードが悪くなっていたようだ。ただ、その原因がどうも基盤の故障に由来するような気もするので、やっぱり買い換えることにする。

 ちなみに、カードを変えるとmixi、モバオク、ガルオク等の「かんたんログイン」に失敗するようになった。要するに、カード番号で認識していたのが変わってしまったわけだ。そこでログインし直して設定を変更する。

いよいよ引っ越し

 ナンバーポータビリティ制度もあるから、別に田中美保がコマーシャルしているauに買い換えてもよかったのだが、結局メールアドレスの変更が面倒なのと、今までのポイントを温存したいことから、DoCoMoを選ぶ。いや、最大の理由はお財布ケータイか。もはやEdyとSuicaなしでは生きていけない(というのは大げさだが、ないと不便)。

 そして、オークションでP902iSまたはP903i(最新)を比較し、結局、P902iSのレッド×ティンブルを安値でゲットしたのであった。

 無事に新品が届いて、さっそく電池を入れる。最初にやるのはデータの移行だ。P901iSには電話帳などをi-mode経由で保存する機能がない上に、USBを接続してPCにデータをコピーするのも不可能なので(というのは、外部接続端子が壊れているから)、残された手段は赤外線全コピーしかない。

 まずはP901iSの電話帳に入って全送信、P902iSの赤外線受信で全受信をセット。うまくいって、電話帳は完璧にコピーされた。

 次は画像。これも全送信で難なくコピーされる。もちろん、他の機種への送信が認められていない画像(眞鍋かをりのコスプレ画像とかプロミスしょこたん壁紙とか)は泣く泣く捨てるハメになったが。

 着メロも著作権保護されているので、ほとんど移行できない。

 さて、メール。かなり大量にあって、しかもフォルダに振り分けてある。これがどのように転送されるか――と思っていたら、時間はかかったが、案外そのまま移行できたので、大した問題にはならなかった。もっとも、メールアドレスによる振り分け設定が全部消えてしまっていたので、これから設定し直さなければならない。

 ここまでは問題なく移行できた。問題は、お財布ケータイだ。

 まず、Edy。これは一度Edyセンターに今の残高を預ける必要がある。280円ほど残ってたので、Edy変更手続きを済ませる。ここで手数料が引かれて100円ばかりになってしまった。もっとも、この作業が終わっても、旧ケータイはEdyカードとしては使えるので、店でチャージしたりできてしまう。

 次にモバイルSuica。アプリで機種変更手続きをすると、旧ケータイでは使えなくなる。

 さて、ここまで終わって、一旦両方の機械の電源を落とす。そして、FOMAカードを新しい機種の方へ差し込む(言い忘れたが、今までFOMAカードは旧ケータイの方に刺してあった)。電話帳の移行などはFOMAカードがあってもなくてもできるが、お財布ケータイの作業だけは旧ケータイから接続する必要があるので、カードを入れ替えるのはその後でないといけない。

 さて、新携帯でEdyに登録し直す。一から登録作業を全部やり直さなければならない。クレジットカード情報も全部入れ直し。そして、Edyに預けていた金額(100円だが)を受け取る。これでEdyの移転は終了。

 だが、ここで失敗したことがあった。というのも、Edyでクレジットカード情報を登録し直してから2日くらいはチャージできないというのである。それがわかっていれば、旧機種でEdyお預けの手続きをする前にチャージしておくんだった。100円では困る。

 気を取り直して、今度はSuica。こちらは2600円ほど入っているのでそういう問題はないのだが、まずSuicaのサイトに接続して、アプリを二つダウンロード。そして機種変更手続きをやる。こちらはEdyと違って、いちいち情報を入れ直す必要がない。個人認証が終われば、設定が完全に移行している。だから、チャージもすぐに可能。

 SuicaとEdyの金額が逆だったらよかったのに。と思っても後の祭りだ。

 さて、これでi-modeにアクセスしてみると、モバオク・ガルオクは問題なかったが、mixiはまたまた「かんたんアクセス」できなくなっていた。つまり、mixiはFOMAカードの情報と機種情報の両方をチェックしているようである。端末情報送信の仕組みはよくわからないが、2種類あることは経験として理解できた。

P902iS

 最新型P903iはどうか知らないが、P901iSからP902iSへと移行して、操作性は非常に似ているので使い勝手はいい。ただ、キー操作が一部違っていて、これがちょっととまどう。携帯のキー操作は統一規格ができないのだろうか。せめて同じ会社の中くらい。

 P902iSは901iSと比べて薄くなっている。ジャケットが平坦になったのも大きいが、裏面のFeliCa部分が飛び出さず、平らになったのが非常に大きい。

 あと、まだ使っていないのがBluetooth。これは接続機器を用意しなければいけないので、当分先になるだろうと思う。

歴代ケータイの写真

というか俺の物もちのよさは異常(´ー`)y-~~

DSCF5046.jpg

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2007年2月16日22:36| 記事内容分類:機器| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(0) タグ:携帯, 更新|
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(0)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/587

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2007年2月16日 22:36に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、機器をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「バレンタインデーの起源と歴史」です。

次のブログ記事は「関西人250人に聞きました。「やが」という関西弁はほとんど使われてないんやけど。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。