第一回電書フリマ出展!『初の「軍艦島上陸ツアー」参加記録2009』

2010年7月17日土曜日に開催される「第一回電書フリマ」に、新刊本を出展します。

題して『初の「軍艦島上陸ツアー」参加記録2009――グラバー・岩崎弥太郎と近代化遺産』。昨年4月、軍艦島上陸が解禁されて初めて催行された上陸ツアーに参加したときの記録です。

単なる廃墟としてだけではなく、その背後の歴史や生活などに思いを馳せる内容となりました。現地でわたしが撮影した写真100枚超が掲載されています。

電子書籍としてはePub、PC用PDF、キンドル用PDFの3種類で読めます。価格は300円。

軍艦島ツアー参加記録表紙

2010年7月15日00:22| 記事内容分類:創作活動, 告知(出版物など), 編集・出版, 電子書籍| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(0) タグ:フリマ, 電子書籍|
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

初の「軍艦島上陸ツアー」参加記録2009――グラバー・岩崎弥太郎と近代化遺産

松永英明 著・写真

2009年に軍艦島上陸が解禁されたことを受け、いくつかの「軍艦島上陸ツアー」が組まれた。筆者は、その中でも最初に催行されるJTB「軍艦島上陸ツアー」に参加した。これはそのツアー参加記録である。なお、ここに書かれていることは基本的にノンフィクションである。

軍艦島ツアー写真

PC用PDF版で全191ページ。写真100枚超。本文約4万字。

【目次】

■ツアー参加前夜

  • 軍艦島への上陸許可
  • ツアーに申し込む
  • 接岸許可が得られないピンチ
  • 軍艦島のゲニウス・ロキ
  • 実際に訪れるということ

■4月25日 日中:グラバー園と坂本道徳さんのレクチャー

  • 宣告
  • 帆船まつり
  • 大浦天主堂
  • グラバー園からの展望
  • グラバー、岩崎弥太郎、坂本龍馬と軍艦島
  • 長崎伝統芸能館から坂の街を歩く
  • 軍艦島を世界遺産にする会 坂本道徳理事長のお話
  • 生活の場としての端島
  • 「ご苦労さま」というねぎらいの言葉を
  • 昭和48年の記録映画
  • 炭鉱の島
  • 軍艦島の二面性
  • 一日目の終了

■4月25日 夜:出島、中華街、唐人屋敷

  • 出島を見たい
  • 「鎖国」のまぼろし
  • 出島探訪
  • 「点」としての出島
  • 出島から中華街へ
  • 唐人屋敷へ
  • 出島・唐人屋敷

■4月26日 午前:高島・軍艦島へのクルーズ

  • 行こか戻ろか思案橋
  • 高速旅客船「竹島丸」で出航
  • 軍艦島の伝説と真実
  • 激しく揺れる船で高島へ
  • 北渓井坑・グラバー別邸
  • 高島から軍艦島が見えた!
  • 石炭資料館前の軍艦島模型
  • 戦時中の朝鮮人の扱い
  • 石炭資料館
  • 軍艦島!
  • ソロバンドック
  • 帰港

■4月26日 午後:野母崎・軍艦島資料館

  • 午後の行程
  • 軍艦島資料館
  • 野母崎の展望台
  • ツアーの終了

■あとがき

  • 参考資料
  • 著者プロフィール

電書フリマ

電書フリマのシステムを簡単に言うと、「フリマ会場に行って欲しい本を言って代金を支払います。そうすると自分のメールアドレスに、電書ダウンロードのURLが届きます。そのページに行くと、好きなフォーマットの電書が手に入ります」。

iPhoneとかiPadとかを持ってる人は、帰り道に電書を読めたりするかもしれません。しかもかさばらない。

フリマなので、会場に行かないと電書は買えません。オンラインでの購入方法は、今のところありません。

会場は、渋谷コラボカフェ・京都白梅町・吉祥寺の3か所が予定されているようです。

著者であるわたしは今回、売り子にはなりません。ただ、お昼以後夕方くらいまでのあいだには会場にいると思います。

詳細は電書部 (DENSHOBU)を参照してください。

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2010年7月15日00:22| 記事内容分類:創作活動, 告知(出版物など), 編集・出版, 電子書籍| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(0) タグ:フリマ, 電子書籍|
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(0)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/945

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2010年7月15日 00:22に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、創作活動告知(出版物など)編集・出版電子書籍をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「選挙報道でマスメディア真っ二つ――与党/野党と赤/青の区分」です。

次のブログ記事は「第一回電書フリマ( #denf717 )で考えた電子書籍の未来つれづれ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。