第十二回文学フリマ・スタンプラリー(無料/非公式)のご案内 #bunfree

2011年6月12日の日曜日に大田区産業プラザPiOにて開催される文学フリマで、スタンプラリーを実施することになりました。

その詳細についてご説明します。ぜひふるってご参加ください。

スタンプラリー台紙表紙

2011年6月11日00:15| 記事内容分類:創作活動, 告知(出版物など)| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(0) タグ:スタンプラリー, 文学フリマ|
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

概要

Ustreamで説明動画を撮りましたのでご覧ください(約5分)。

今回のスタンプラリーには、全部で14サークルがスタンプ&完走特典提供者として参加してくださいました。参加いただいたサークルの皆さま、ありがとうございます。

今回のスタンプラリーは、非常にシンプルです。会場全体に散らばる14サークルで14個のスタンプまたはシールを集めていただきますと、この14サークルの中のどこかお好きなところで特典が一つもらえます。

スタンプは、何も買わなくてももらえます。よく、お店のスタンプカードみたいなのがありますが、ああいうのとは違います。むしろ観光地とか地下鉄とかでよくやってるスタンプラリーをイメージしてください。すべて無料で参加していただけます。そして完走すると特典までもらえてしまう。非常においしいイベントです。

もちろん、スタンプ提供側のサークルにもメリットがあります。それは、皆さんにブースに立ち寄っていただけるということです。立ち読みも大歓迎、ぜひついでに手にとってみてください。興味をもっていただければ、参加者一同大喜びします。もちろん、買っていただければもっと大喜びしますが、それよりも今まで知らなかった方に立ち寄っていただけるのが嬉しいですね。

スタンプラリーのカードはこんな感じです(写真のマスコットはついてきません)。

スタンプ台紙

A6サイズで、折ってありますので全部で4ページあります。開くと中に参加サークル名とスタンプ欄があります。ここでスタンプを集めてください。完走して特典を受け取るときに「済」にチェックが入ります。スタンプはこのカードの内側に押されますので、インクが外につかないと思います。

裏面には地図がついています。お気に入りのサークルと合わせてコースを考えてみてください。

スタンプラリー参加サークル一覧

スタンプラリー参加者マップ

  • C-20:天保山脈……「紙媒体って!」「いいよね!」を合い言葉に勢いで すべてを乗り切ろうと試みる、標高4.53メートルの山より 低い志を持つノベルサークルです。
  • D-03:下町飲酒会駄文支部……ファンタジーから現代物、怪談奇談幻想譚までバラエティー豊かに取り揃えています。しっかりめの話が中心。ちょっと立ち読みしてってくださいな。
  • G-05:そよ風文芸食堂……旅行記や青春小説がメイン▼心温まるほのぼの系『秩父SL旅行記』を出展。素敵な出会いの逸話や美しい花の写真が満載です▼完走特典はポストカード・小冊子・豆本など
  • G-09:ふぇにどら!!……「ストーリーがあり尚且つ使える官能小説」をメインに活動中。今回は無料配布本に加え、クトゥルフアンソロ、官能小説アンソロをご用意しました。完走特典もあります!
  • J-09:るみあ……新刊は死神バトル放送小説「タナトス・ヴォイス」P100 既刊BL風味全年齢向「あわぶくキッチン!」P52 完走記念品は「あわぶくキッチン!」をプレゼント!
  • L-08:近江舞子……清春さんと嶽本野ばらさんとおみむらまゆこさんが好き。太宰治になりたい。短編集『葬列』がAmazonにて発売中。
  • N-04:白昼社……小説を中心に、言葉に溺れ文字に溺れる悦楽共犯者を差し出すブースです。泉由良、ほか。http://www.necotoco.com/yura/
  • N-16:學生氣分……國學院大學児童文学会OBを主体にした創作小説同人誌です。新刊は14名20作の新作小説を掲載し、10名の絵師に扉絵をお願いしました。完走特典は「國學院どら焼き」と、既刊号を進呈!
  • S-04:35℃……詩のほか、作詞や小説でも活動中。新刊「美しい血肉」「僕を救う手」「ハルシオン」と共にお待ちしています。http://albus.hanagumori.com
  • S-08:ネコトコ……「白昼社」の姉妹店、詩歌を担当するネコトコです。小倉拓也『火は綺麗』ほか、女性陣のアンソロや短歌、にゃんしーのCD付きの本などあります。
  • U-20:Stardustrain……総参加者41名の企画本「文学フリマお試しセット」ご用意してます!立ち読み歓迎&企画参加者配置MAPも配布予定なので、お気軽にお立ち寄りください。
  • ア-04:cieliste(シエリスト)……短歌とボーイズラブのもったりとした締まりのないゆるふわサークル。少女をテーマにした電子書籍短歌集と、年下攻めのBL小説本日初売りです。
  • エ-01:ことのは(@kotono8)……新刊『東日本大震災で私も考えた』。既刊は『事物起源探求』、A2判「三菱東京UFJ銀行に合流した全銀行の系統図年表」他。完走特典は既刊「天海」本または手提げ紙袋!
  • エ-18:MARIBAR……電書は、戦争紙芝居『炎の町の白い花』、冴島奈緒フォトブック『Nao Saejima 2005-2010 Bliss』。写真集「Tokyo doll」他。

スタンプラリー参加サークルは、大展示ホール・小展示ホールの全体に散らばっています。多少は偏りもありますが、ジャンルも横断していろいろなサークルを訪問できると思います。

先着順・在庫限りです

このスタンプラリーのカードは800枚ご用意しました。カードは各サークルに配布してありますので好きなところから始めていただいて結構ですがが、入り口に近いC-20の天保山脈さん、それからD-03の下町飲酒会駄文支部さんに多く100枚ずつ用意いたします。

前回の文学フリマの参加者数が公式発表で3000名、その約三分の一くらいの方にご参加いただけることを想定し、また各サークルで特典の負担が大きくなりすぎないように、ということでこの数字を設定しました。

というわけで、申し訳ありませんが、スタンプラリーのカードならびに特典は「在庫限り」とさせていただきます。

もし、当日、最初に訪問したサークルでカードがなくなっていたら、残っていそうなところを探してみてください。また、このサークルの特典がほしい、と思っても品切れになっているかもしれません。そんなときは他のサークルで特典をゲットしてください。ということは、早めのご参加の方が楽ということになりますが、その辺は無料イベントとういことで大目に見ていただければ幸いです。

なお、わたしが言い出しっぺということで、完走特典はわたしのスペース、小展示ホール入って正面、カタカナのエ-01、「ことのは」ではやや多めに用意してあります。というか、過去に作って売れなかった400円の冊子の在庫放出ではありますが、もしそれでもよろしければ最後はこちらへ来ていただければ何とかいたします。

ぜひふるってご参加ください。

よくある質問(よくありそうな質問)

  • 質問その1。スタンプラリー参加は無料ですか。

    • こたえ。はい。ラリーに参加していただく方は、カードも無料、スタンプも無料で集めていただけます。ただし、カードは先着800枚、特典もサークルごとに限定数となりますので、できるだけ早い時間からのご参加が有利です。
  • 質問その2。参加サークルはどんなつながりですか。

    • こたえ。わたしがツイッターやブログで募集して応えてくださったサークルさんで、わたしも以前から存じ上げているところもあれば、今回初めてという方も多くいらっしゃいます。ジャンルも多種多様で、中には18禁というところもありますが、スタンプだけなら問題ないと思いますので、ぜひ回ってみてください。
  • 質問その3。どんなスタンプがもらえますか。

    • こたえ。わたしはまだ各サークルの皆さんがどんなスタンプを用意しているか、知りません。わたしはいつもの「はっぱマーク」をデータから発注してはんこにしましたが、けしごむスタンプを自作された方もあれば、市販のはんこだったり、あるいはスタンプではなくシールを用意されているところもあるようです。もしかしたら手書きのサインや花押もあるかもしれません。ぜひ楽しみながら集めてみてください。よい記念になると思います。
  • 質問その4。前回の文フリでもスタンプラリーがありませんでしたか。

    • こたえ。はい、ありました。ただ、前回は主催者も参加者も異なります。前回・今回と連続参加の方もいらっしゃると思いますが、基本的にまったくつながりはありません。ただ、前回はわたし自身はスタンプを集める側で参加し、全部コンプリートして楽しかったんです。もともとスタンプラリーと聞くと血が騒ぐタイプなのですが、まあそういうわけで今回は自分で企画してみました、ということです。なお、このスタンプラリーは文学フリマ公式のイベントではありません。事務局さんは特に関係ありません。望月さんがおもしろがって参加してくださったらいいなとは思ってますが、文学フリマ参加サークルの中の有志による無料イベントです。

そういうわけで、第十二回文学フリマ会場にてお会いしましょう。お待ちしております!

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2011年6月11日00:15| 記事内容分類:創作活動, 告知(出版物など)| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(0) タグ:スタンプラリー, 文学フリマ|
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(0)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/1211

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2011年6月11日 00:15に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、創作活動告知(出版物など)をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「「被曝」という言葉の誤用があまりにも自然に広まっている」です。

次のブログ記事は「第12回文学フリマ【エ-01】ことのは(@kotono8)『東日本大震災でわたしも考えた』ほか告知 #bunfree」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。