輝度

出典: 閾ペディアことのは

輝度(きど)は、光源や証明された物体の明るさ、まぶしさをを表すために用いられる値。

単位はカンデラ毎平方メートル(cd/m2)。

光源のまぶしさは、発行している光源の大きさに関係している。

  • 光源の大きさが小さいほどまぶしく感じる
  • 光源の大きさが大きいほどまぶしさは減少する

輝度は照明された反射面の明るさも表わせる。

光度と輝度の違い

  • 光度は、点光源(一点から光が出ているとき)の光の強さ
  • 輝度は、光源がある大きさを持つとき(面積を持つとき)の光の強さ

個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加