ウェブロ。

どうもMovableTypeを使っているとブログ論議が増える(=自己言及)という罠に陥りがちだなあと思いつつ、自分のメモ的に「山田BBS」へのリンク。
blogについて考える。 2003/02/20-06/07
ウェブロについて考える。 2003/06/07-08/03
ウェブロについて考える。2 2003/08/03-09/17
ウェブロについて考える。3 2003/09/17-

2003年9月25日04:32| 記事内容分類:ブログ/ウェブログ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| トラックバック(0)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

 この能書きが気に入ってる。

blog、個人ニュースサイト、Web日記、いろいろ呼び名があるけど
分類学ぎゃーぎゃーやるのは馬鹿らしいので、全部「ウェブロ」でいいじゃんと
日々更新する系サイトを全てまとめた革命的概念「ウェブロ」を過去スレで発案した山田達。
くだらない論争をこえて発展的にこの手のサイト&ツールを探求るというステキなスレッドだ。

各種ウェブロ構築用のプログラムから、サイト構成のノウハウなどなどウェブロネタ全般。
ウェブロはインターネットをHappyにするよ!

 「日々更新する系サイト」というのは、広義のweblogの特徴を非常に的確に言い表していると思う。

 昔だとwhats newというのがあって、それ更新するのが面倒になって掲示板スクリプト改造したり、そのうち更新より日記になってきたり、というのが90年代後半によくあった例じゃないだろうか。その中には、他の日記と言及し合ったりするのもあったりして(手動トラックバックだな)、非常にウェブロ的。日記サイトが古くからあって、それから日記的に更新するようなテキストサイト(相互言及の嵐)とか、ひたすら外部リンクと一行コメントを日々更新し続けるニュースサイト(相互参照の嵐)とかの流れが出てきて、blogという言葉が輸入され、そこにMovableTypeなどの便利ツールが出てきて狭義の「weblog」という概念が固まってきた、ということではないかと個人的には思っているので(多少の時間的前後はご容赦)、山田BBSの山田さんたちの定義には納得する(※山田BBSでは投稿者名を空白にすると全員山田になる)。

 スクリプトの機能によってblogを定義しようというのでは、あくまでも狭義のweblogにしかならない。

 もっとも自分は「メディアはメッセージ」というマクルーハンの言葉は正しいと思っている。minibbsを改造したスクリプト(または、くずはすくりぷと)によるぁゃιぃわーるど(匿名投稿は空白)、スレッドの上下を実現した「あめぞう型掲示板」によるあめぞう(匿名投稿は許されない)、 sage機能などを装備した「あめぞう改掲示板」による2chやチャンネル系掲示板(匿名は名無しさん他)。それぞれ文化が少しずつ違う。
 同様に、MovableTypeとBlosxomとtDiaryと(その他略)、そして旧来のツールや手動更新の世界では、少しずつ「住人」が違ってきてもおかしくない(同一人物の表現形態が変わることも含めて)。もちろん、「掛け持ち」もありえるはず。
 陳腐な言い方をすれば、ツールとメディアは相互に影響し合っている「鶏と卵」なわけだ。

 さて、ウェブロ界が今後どのように発展するか。とりあえずはウェブロを始めるハードルがどれほど低くなるか(つまりMT等の設置可能なレンタルサーバーが増えるか、もしくは北国tvなどのレンタルウェブロが増えるか)が見ものだと思う。

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2003年9月25日04:32| 記事内容分類:ブログ/ウェブログ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| トラックバック(0)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(0)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/8

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2003年9月25日 04:32に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、ブログ/ウェブログをご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「語中がデタラメでも英文は読める-2-GUITCHUSからの手紙」です。

次のブログ記事は「カエサル総督のブログ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。