航天員十二紅房――中国初の有人宇宙船

 中国初の有人飛行船「神舟」5号が15日に発射されることとなった。その飛行士としての訓練を受けたのは12人で、このメンバーは「紅房子」と呼ばれる軍営にいるという。今回のタイトルは女子十二楽坊を意識してふざけてみました。というわけで関連リンクと関連情報メモ。

2003年10月10日15:54| 記事内容分類:中国時事ネタ, 天文学・地学| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(9)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

日本語ではMAOさんのblog::TIAOの情報が一番詳しいようです。
神舟が飛ぶ日
神舟が飛ぶ日-2・・・アジア初、中国の有人宇宙船の打ち上げが秒読み段階に
神舟が飛ぶ日-3・・・酒泉衛星発射中心は何処にある?
神舟が飛ぶ日-4・・・関連情報
神舟が飛ぶ日-5・・・打ち上げ日時が公表

とりあえずここが中国語の神舟五号ポータルという感じの、新浪網(シナ.com)の特集ページ「神舟五号載人飛船即将発射昇空」。

“神舟”一号
1999年11月20日発射・11月21日着陸
“神舟”二号
2001年1月10日発射・1月16日着陸
“神舟”三号
2002年3月25日発射・4月2日着陸
“神舟”四号
2002年12月30日発射・2003年1月5日着陸
“神舟”五号(有人)
2003年10月15日発射・10月16日着陸予定

 「神舟」5号発射は、宇宙空間に入った後、太陽熱発電がしやすいように昼間が選ばれ、10月15日午前9時となった。これによってバッテリー消耗を減らす狙いである。宇宙飛行士は21時間宇宙軌道に滞在し、翌日朝6時にモンゴル八王旗に着陸・回収される。これはちょうど夜明けで、探すのに都合がよい。

 北京航天指揮控制センター・西安衛星測控センター・陸地測控站・海上測控船をつないで通信網を作り上げ、国際ネットワーク化している。陸上観測点は北京・西安・渭南・青島・廈門・カシュガル・カラチ・ナミビアにあり、海上観測船は日本海・南米南端海域・大西洋・オーストラリア海域にそれぞれ1~4隻(日本海には「遠望3号」を配備)。

 宇宙飛行士は、1996年に現役空軍パイロットから選抜された。同年、中央軍事委員会は数千人の予選対象者から30人を選び出し、宇宙飛行士合同訓練隊を用意した。1999年の神舟1号発射成功時にもう一度選抜をし、最終的に12人が正式訓練を始めることを確定した。選ばれた全員が身長170センチ前後、体重65キロ前後、年齢30歳前後、工学または科学方面での学歴を有する。
 選ばれたメンバーは北京の西郊外にある軍営に送られた。これは「紅房子」と呼ばれている。建物が赤いから、という説と、中国宇宙開発の発展の中核的な力がここにあるから、という二説がある。メンバーは肉体的・精神的に極めて強靱であることを求められ、また苛酷な訓練を受けてきた。

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2003年10月10日15:54| 記事内容分類:中国時事ネタ, 天文学・地学| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(9)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(9)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/39

今月に入ってからの日本国内のWebサイトでの「中国有人宇宙船」報道をみて回る。... 続きを読む

新華社の10月10日北京電によると、中国有人宇宙船プロジェクト責任者曰く:- 我国は10月15日から17日の条件のよい時を選び、この度の有人宇宙船「神舟五号」を中国酒泉衛星発射中心より... 続きを読む

中国初の宇宙飛行士の宇宙での滞在時間は21時間程度ということは、当然腹が減る。中国の宇宙食とはどんなものなのか、興味が湧いたのでWebサイトを散策したところ、写真はなかったが... 続きを読む

中国初の有人宇宙船「神舟五号」の発射を目前に控え、中国国内報道では、宇宙への関心が一気に高まりをみせている。 古くは敦煌に残された多くの壁画に「飛天」の図があることから... 続きを読む

◆アメリカのアポロ宇宙船で月へ行った三人の宇宙飛行士の一人は、アメリカのメディアのインタビューを受け、今回の中国のプロジェクトへの批評とアメリカ航空宇宙局(NASA)への建... 続きを読む

中新網10月12日電によると、シンガポールの聯合早報は今日の報道で、中国の有人宇宙船関連のニュースを詳細に伝えたもよう。その中で、今度の壮挙により、今後中国は外交面でも存在... 続きを読む

中新網10月12日電によると、香港大公報が外電と紹介として報道したところでは、世界各地で数千の衛星観測愛好者が準備を整えているという。 報道では、美国ヒューストン(休斯敦)国... 続きを読む

人類史上露国、米国についで三番目になるの中国初の有人宇宙船「神船五号」の打ち上げが今週、10月15日と目前に迫っている。 中国の少年少女たちは太空への夢を膨らませつつ、天空を... 続きを読む

中国は旧ソ連、米国に次いで3番目に有人宇宙飛行を達成しました。 2003年10月です。そのときの有人宇宙船は「神舟5号」という 名前でした。 この記事を読んで思い出し... 続きを読む

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2003年10月10日 15:54に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、中国時事ネタ天文学・地学をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「ブログ荒らし」です。

次のブログ記事は「おまえなんか、訳してやる!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。