英国ブログ大賞2003

台湾のブログである台灣部落格 TWBLOG.NETの「衛報無限英倫部落格大賞」(2003-10-21)という記事を見て知ったのだが、英国の自由主義的日刊紙「ガーディアン」が「英国ブログ大賞2003」をやるそうだ。以下、ガーディアン紙から翻訳する。

[関連記事:Blog of the Yeah! 2003]←日本

2003年10月22日16:26| 記事内容分類:ブログ/ウェブログ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(1) | トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

ブロガーに賞を

2003年10月16日木曜日 ガーディアン

 去年の夏にミーティングを開いた際、ガーディアン・アンリミテッドとガーディアン・オンラインの混成チームは、英国ブログ行為の最もよいものを広く伝え、賞を与えるためのコンテストを行なうことに決定した。
 数週間で、我々は英国ベストブログ大賞にとりかかった。そして数時間のうちに、ブログ・コミュニティはこれについて話し始めた――いい話、悪い話、しかしたいていは悪い話。新聞は言うまでもなく、誰であっても、ブログを偉そうに裁くべきではない、という憤慨があった。ガーディアン・アンリミテッドへのアクセスを増やすための回りくどい計画にすぎない、という陰謀論もあった(あたかも我々がそんなことを望んでいるかのごとく)。我々は、単にコンテストを開こうと思っただけだった。ときには、スズメバチの巣の中に手榴弾を落としてしまったんだろうかと思えるほどの騒ぎになってしまった。

 論争があったにもかかわらず、いや、もしかしたらそのために、コンテストは数百の登録を集めている。そして、我々の最初の受賞者はScary Duckだった。我々はその結果を大いに喜んだ。

 過去数年間、重要性と規模の両面でブログは成長した。オリジナルの中核的なブログコミュニティはまだそこにあり、いまだ騒々しい。しかし、毎月数千人の他の人たちが、自らの手でこの独特の出版形式に手を染め始めている。

 ブログに対する我々の関心はまだまだ高い。印刷とオンラインの双方で我々はブログ世界について他の英国メディア会社よりも深くかかわってきた(し、我々自身の中にも数々のブロガーを抱えている)。そして、我々は英国のベストブログについて、毎年のショーケースがあるべきだと感じている。

 それで、我々は今年の初めに、もう一度コンテストを開くことにした。しかし、我々は昨年のコメントのいくつかを採用し、その結果、以下の変更を行なうことにした。

・我々は5つのカテゴリーを設置することにした(以下、アルファベット順)。ベストデザイン賞、ベスト専門家賞(一つの話題についてのブログが該当する)、ベスト18歳未満賞、ベスト写真使用賞、ベスト文章賞。そしてもちろん、好きなだけのカテゴリーに自分のブログを登録することができる。

・全体的な賞は設けない。それゆえ、(英国ベストブログ大賞から)「ガーディアン・アンリミテッド英国ブログ大賞」に名称を変更した。

・最終的に、審査員の数を劇的なほど増やし、その中には広範囲な専門家を含めることにした。有名ブロガーの世界からは、Moby、Bruce Sterling、バグダッド・ブロガー。ブログ上層部からは、Mena Trott とJason Kottke。"Junk"と"Doing it"の著者Melvin Burgessは、18歳未満カテゴリーの審判を行なう。

 今年は15人以上の審査員を有しており、その中には昨年の受賞者Alistair Colemanと、18歳未満で高いランクを得ていたEllie Cannellが含まれている。



【審査員一覧】
ベストデザイン賞
Jason Kottke, ブロガー、ウェブデザイナー
Mena Trott, ブロガー、Sixapart.comの共同設立者
Moby, ブロガー、音楽家、moby.com
Jane Glentworth, ガーディアン・アンリミテッド副編集長

ベスト専門家賞
Nick Denton, ブロガー、Gawker Media代表、Moreover Technologies設立者
Salam Pax, バグダッド・ブロガー
Tom Watson, ブロガー、東ウェストブラミッジの下院議員
Azeem Azhar, ブロガー、20six代表

ベスト写真使用賞
Brandon Stone, ブロガー、Photoblogs.org創設者
Philip Greenspun, 作家、教師、ブロガー、Photo.net創設者
Steve Bowbrick, another.com創設者
Eamonn McCabe, 写真家

ベスト18歳未満賞
Ellie Cannell, 昨年の高得点入賞者
Brad Fitzgerald, Livejournal.comの創設者・代表者
Christian O'Connell, ブロガー、XFMのDJ
Melvin Burgess, Junk と Doing It の著者

ベスト文章賞
Alistair Coleman, 昨年の受賞者
Dan Gillmor, ブロガー、マーキュリー・ニュースの技術記者
Bruce Sterling, ブロガー、作家
Neil McIntosh, ガーディアン・オンライン副編集長
Emily Bell, ガーディアン・アンリミテッド編集長

審査委員長
Simon Waldman, ブロガー、ガーディアン新聞社のデジタル出版のディレクター

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2003年10月22日16:26| 記事内容分類:ブログ/ウェブログ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(1) | トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(1)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/58

Photographic diary of an Italian architect who lives and works in Tokyo. 続きを読む

コメント(1)

http://yeah.myblog.jp/

日本でも同様のコンテストがあります。

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2003年10月22日 16:26に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、ブログ/ウェブログをご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「迷解説!?ブログソフトをブログという週刊!エキサイトの誤り」です。

次のブログ記事は「ばるぼらアンテナ[暫定退避]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。