ドイツのブログ大賞は12月22日発表

各国でブログ大賞をやっていますが、ドイツでもBlogawards 2003が始まっていました。今ノミネート&投票中ですが、すでに4000を超えるブログが投票されている模様。(情報元:schee.info

●日本:Blog of the Yeah! 2003:12月12日発表(関連記事
●英国:British Blog Awards 2003:12月18日発表
●韓国:Bloggy Awards 2003:12月20日発表
●独逸:Blogawards 2003:12月22日発表

2003年12月 7日01:26| 記事内容分類:ブログ/ウェブログ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(4)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

ドイツのBlogawards 2003の概要

(サイトの文面を訳してみました)

 外国ではすでに、投票によってブロゴスフィアにおける「ベストブログ」をカテゴリーごとに決定するのが毎年の慣例になっている。ドイツ語ブロゴスフィアでもまたやることになった。最高のドイツ語ウェブログを今ここで決めよう!
 我々はスーパーブロガーを探しているのでもなければ、我々の最高のブロガーを探しているのでもない。ドイツ語の国々での最高のブログを探しているだけなのだ。

カテゴリー
●年間ウェブログ賞
 単純に票を集めた全体的に最高のウェブログ。
●グループブログ/共同ブログ賞
 数人、グループ全体、あるいは希望する人ならだれでも投稿できるブログ。
●最高の「ウェブログに関するウェブログ」賞
 ブロゴスフィア、ブログすること、ブログ技術について最も特化されているもの。
●ベスト・ウェブログデザイン賞
 ブログ界には気の利いたデザインの宝石が見つかるが、どれが最高だろうか? 革新的な技術を持っているのは?
●ベスト・フォトログ賞
 写真をアップしているとか、フォトブログを追加で運営しているとか。
●ベスト個人ブログ
 ネットについてとかの関係ではなくて、著者の経験だけを扱っているウェブログ。それってブログなのか日記なのか……ま、そういうわけで一番いい奴を。
●ベスト専門ブログ(ファハブロク)賞
 このカテゴリーのブログは専門的な話題を扱うものである。それは音楽、ビジネス、技術、法律など何でもいい。
●ベスト・エンターテインメント・ウェブログ賞
 セックス、ドラッグ、ロックンロール、映画、音楽といったようなものがこのブログのネタである。
●年間の秘密のTip賞
 ブログロールでも見つからない、おそらくほとんど知られていないブログ。あるいはいつも無視されてきた?チャンスだ。(※訳註:ドイツ人に儀礼的無関心は通じない!わらい)
●最高に奇妙なウェブログ賞
 ここは単に面白いとか混乱しているとか以上でないと……あやしくないとだめ。

 ドイツ語諸国のブログが12月8日までにノミネートされる。いくつでもノミネートしていいけど一日にカテゴリーごとに2つまで。これはSpamがあったからね。Spamする人はノミネートから外すよ。気に入らないのがあったらメールで送ってね。

■日程
 12月8日から12月21日まで調整。それぞれのカテゴリーごとに最も指名された10ブログが選ばれる。
 12月22日ブログ大賞発表。

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2003年12月 7日01:26| 記事内容分類:ブログ/ウェブログ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(4)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(4)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/108

今回のテーマは・・いよいよ出場32カ国も決定し、来年へ向けて盛り上がってきたサッ... 続きを読む

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2003年12月 7日 01:26に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、ブログ/ウェブログをご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「中華ブロガー「ステンレス・スチール・マウス」劉荻たん釈放される」です。

次のブログ記事は「トラックバックの有効な使い方を考える」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。